映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

THE MENTALIST 第24話「ストロベリークリーム Part.2(S3最終回)」 Strawberries and Cream: Part 2

THE MENTALIST/メンタリスト<サード・シーズン>コンプリート・ボックス [DVD]

オフィシャルサイトより

逃亡していたハイタワーが出頭して無実を法廷で争う、とジェーンに告げに来た。ジェーンはチームの皆に今までの経緯を話し、ハイタワーの護衛を頼む。そしてハイタワー以外の容疑者4人の名前を入手、容疑者全員に「パシフィック・パームズ・ホテルにハイタワーがいる」と情報を漏らすが、それぞれ違う階の部屋番号を伝える。そのどこに殺し屋が来るかで、誰がレッド・ジョンの手先かが判明する仕組みだった。

以下ネタバレあり



ついにシーズン3最終回。

結末を知っていたとはいえ、ドキドキしながら観ていました。

ジェーンを誰が責められよう。

ジェーンと同じ立場ならば、私も全く同じことをしていたと思います。


ハイタワー

いとこのマック・ジェームズがレッドジョンに殺される。(前編の事件)

子供のために出頭を決意。

署内のレッドジョンの手先をあぶりだすために48時間出頭を待たせたジェーン。

CBI署外のある店

チームを集め、ジェーンは今まで秘密にしていた経緯を報告。

協力依頼する。

The Tiger  (ウィリアム・ブレイク)

TIGER, tiger, burning bright

In the forests of the night,

虎よ 虎よ 夜の森で明るく燃える

What immortal hand or eye

Could frame thy fearful symmetry?

不死の手や目の恐ろしき造形

~以下省略~

「神は、羊を創ったが虎も創った。闇がなければ光はない。」

(チョウの説明)

ラローチェが考えた4人の容疑者

・メディア担当 ブレンダ

・アルディレス検事補

・バートラム局長

・FBI オラーフリン (ヴァンペルトの婚約者)

ラローチェも容疑者としてリストに加える。

各容疑者に偽情報(ハイタワーの潜伏先のホテルの部屋番号)を流し

誰が殺し屋を送り込むか、待つメンバー。

パシフィック・バームズ・ホテル

305 アルディレス検事補

405 ブレンダ

505 オラーフリン

605 バートラム局長

705 ラローチェ

殺し屋が来たのは605号室(6階)

部屋へ踏み込むと、殺し屋は自殺。

部屋には持ち物が残されていた。

・手錠

・ロープ

・睡眠薬

バートラム局長が犯人?

バートラム局長をショッピングモールに呼び出すが、話をしている途中で

ロープは下の階に降りるためのものだと気づく。

局長は、ジェーンから説明がないため、怒って途中で帰る。

505号室 オラーフリンがレッドジョンの手先

バートラム局長が手先だと勘違いしたヴァンペルトは

ハイタワーの隠れ家へ、オラーフリンも連れて行ってしまう。

(オラーフリン、警備二人を射殺。)

ジェーンから電話を受け、オラーフリンが手先だと知ったリズボンに

オラーフリンが発砲。

ヴァンペルトとハイタワーが、オラーフリンを射殺。


ジェーンは、リズボンにオラーフリンが最後に電話をかけた相手に

オラーフリンは死んだと連絡するよう頼む。

バートラム局長といたショッピングモールの少し離れたテーブルに座る

男性に同じタイミングで電話がかかり、

「残念だな。山あり谷ありだ。」と話しているのを聞くジェーン。

リズボンが聞いたのもまさにその言葉。

レッド・ジョン!

ジェーンvsレッド・ジョン

Red John:

Look at-look at me. I'm just a regular guy.

I bet you-you thought I'd have horns, huh? Right?

I'm not a monster. I'm not the devil.

I'm just another human being with flaws and vices and problems just like anybody else.

Forget about me.

I'm not worth ruining your life over.

私を見てくれ 普通の男だ

角が生えてると思ってたんだろ?

私は化け物でも悪魔でもない

みんなと同じように欠点もあれば問題もあるふつうの人間だ

私を忘れろ

人生を捧げる価値はない

Jane:

Wherever you go, you delusional freak, I will find you and I will kill you.

And then... then I will forget about you.

どこへ行こうと 必ず見つけ出して殺す

それが終わったら忘れてやる

新聞で隠した銃を向け、一方的に語るレッド・ジョン。

引退して、人の役に立つことがしたいなどと言い、ジェーンの前から堂々と立ち去ろうとする。

呼び止めたジェーンは、何も言わずポケットに隠し持っていた銃で、レッドジョンを撃つ。

警備員たちに囲まれたところで、シーズンフィナーレ。


シーズン4は、塀の中から登場のジェーン。

レッド・ジョンについて詳しい情報は得られるのか?

レッド・ジョンは、死んだのか?

生き残って姿を消したという可能性は?(死んでいてほしい!)

死んだのであれば、レッド・ジョンに関してのエピソードは終わるのか?

レッド・ジョンの別の手下の復讐劇、などはおこるのか?

シーズン4を首を長くして待ちたいと思います。

待ってられない!

というせっかちさんは、こちらの動画をどうぞ。

シーズン4 第1話 Scarlet Ribbons ネタバレ動画

オラーフリンが消えたので、新シーズンでは

ヴァンペルトとリグスビーは、元サヤに!?

こちらも楽しみです。