映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

スーパーロペス Super López (2018)

Super Lopez

 

 

一見平凡な男に見えるロペスには、ある秘密があった。

スーパーマンのように、超人的パワーが備わっていたが、周囲に溶け込むために

子供の頃からパワーを隠して生活していた。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

原作は、スペインでは有名なコミック。

作者は、Jan ジャン(ジャン・ロペス・フェルナンデス)。

1973年に、スーパーマンのパロディ作品を依頼され、描きはじめたという。

 

 (あらすじ)

惑星チトンの科学者ヤンは、独裁者スコルバと戦うため「究極の武器」として

スーパーマン(の赤ちゃん)を生み出す。

ヤンは、スコルバに奪われる前に、赤ちゃんを宇宙船に乗せ、地球に送りだして

しまう。

アメリカに着陸する予定の宇宙船は、衛星にぶつかり、スペインに着陸。

自動車の修理工をする男性とその妻に助けられ、彼らの子供として成長していく。

30代になった現在も、人に見つからないように能力をつかい、平凡な生活を

送っていたが、ある日、暴走する鉄道をを止めるためにパワーを使ったことで

ニュースとして取り上げられ、彼を追い地球にやってきていた独裁者スコルバの娘

アガタに見つかってしまう…。

 

(感想)

映画ポスターには、安そうなスーパーマンの衣装を着たマリオなおじさんが

映っていた。B級作品の匂いがしたが、気になって観始めた。

怪力、透視、瞬間移動、目からビーム等、意外と能力備えているのだが

本人全く才能を生かさず、平凡なサラリーマン生活をしていた。

邪念がない良い人。

先日観た「ブライトバーン 恐怖の拡散者」のブランドン君と生い立ちが

似ているのだが、奴は能力が開花した途端に悪魔のようになってしまった。

ロペスの場合は、両親から宇宙船を見せられても、今までと何も変わらず

家族でドタバタしていたので、安心した。

 

コメディ漫画が原作なので、登場人物たちも実に漫画的。

敵さえも、どこか抜けていて、憎めない。

 

ロペスは、何故か罵られると能力がパワーアップするという設定。

昭和な私はすぐに「噂の刑事 トミーとマツ」を思い出しました。

気弱なトミーは、マツに「おとこおんなのトミコ!」と罵られると

途端にカーっとなって人格が変わるという設定でした。

 

 

【映画ロケーション】

ほとんどが、バルセロナでの撮影のようです。

 

 ルイサとロペスのシーン 背後にバルセロナ凱旋門が映っていました。

  

なんと、バルセロナvsビジャレアルの試合中のグランドに出現!?

実際は、カンプ・ノウで、ユニフォームを着た数名の役者さんとの撮影でした。

 

 

メイキング映像まとめ