映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

LUCY ルーシー (2014)

LUCY/ルーシー (字幕版)

台北に暮らしていたルーシーは、ある日、マフィアの闇取引に巻き込まれ

特殊な青い薬が入った袋を体内に埋め込まれてしまう。

無理やり運び屋にされた後、薬を狙う別のマフィアに暴行を受け、

体内で薬が漏れたことで、彼女の脳は驚異的に覚醒。

超人的な能力が備わる。

ルーシーは、マフィアに追われながらも、脳科学の権威であるノーマン博士に

会いに行くことに。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

台北での撮影裏側

 

ネット上での評価は低いが、ツッコミどころ満載の荒唐無稽な内容ながらも、

個人的にはかなりのお気に入り作品。

のちにロケ地である台北に旅行へ行き、マフィアがいたリージェント台北

宿泊し、写真を撮りまくりました。

映画とは関係ないですが、朝食ビュッフェ最高です!

 

 

(あらすじ) 

台北に住むルーシーは、知人にはめられ、台北のホテルでマフィアの闇取引に

巻き込まれてしまう。

下腹部にCPH4というドラッグが入った袋を埋め込まれ、無理やり運び屋を

させられるが、この麻薬を狙う別のマフィアに捕まり、拷問を受けた時に

体内の袋が破れ、ルーシーの脳が覚醒。

 

超人的な能力を得て、監禁されていた部屋から脱出する。

 

その後、マフィアの事務所に戻り、ボスのMr.チャンの手の甲にナイフを刺し、

残りのCPH4の情報を得る。

ルーシーは、フランスのピエール刑事に協力を要請し、運び屋らの逮捕を指示。

 

マフィアが手に入れた、残りのドラッグを手に入れる。

 

脳科学の権威であるノーマン博士に会いに行き、残りのドラッグを注入する

様子を撮影してもらう。

 

Mr.チャン率いるマフィアらが、ルーシー殺害のために現場に現れ、

警察との銃撃戦になる中、ルーシーの脳がついに100パーセント覚醒する…。

 

 

100パーセントになったルーシーが、最後に出会う猿は、エチオピアで発見された

アウストラロピテクス・アファレンシス(猿人類の化石人骨)のルーシー

ルーシーという名は、ビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ

・ダイアモンズ」から名付けられた。

映画では、"Lucy meets Lucy" と説明されている。

 

 

【映画 ロケーション】

 

台北のマフィアがいたホテル:リージェント台北

 

ルーシーが乗り込んだ病院:Hôpital d'instruction des armées du Val-de-Grâce