映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クイーンズ・ギャンビット The Queen's Gambit (2020) #6 Adjournment

The Queen's Gambit: Now a Major Netflix Drama (English Edition)

Netflixあらすじ抜粋

ニューヨークでベニーと練習を積んだのち、パリでボルゴフと再び対戦するベス。

だが、羽目を外した一夜をきっかけに破滅のスパイラルに陥っていく。

 

以下ネタバレあり

 

 

ベスは、ベニーのいるニューヨークへ向かい、チェスのトレーニングをし

パリへ行く準備をはじめていた。

 

1967年パリでのトーナメント。

ボルゴフとベスの対戦は注目されるが、対戦前日にベニーの友人に誘われ

深酒をし、ベスは二日酔いのままボルゴフと対戦することになる。

水をがぶ飲みしながらの対戦は、当然、ボロボロな結果になり

ベスはまたもボルゴフに敗北する。

 

その後、義父の弁護士から連絡が入り、義父が考えを変え、家を売ることを

決めたと言い出し、ベスは義父からこの家を買い取ると啖呵を切る。

 

活動費が底をついたベスは、キリスト教団体からの資金提供をしぶしぶ

受け入れることになる。

 

その後も飲酒を続け、荒れた生活をするベス。

化粧もまともに出来ない状態のまま、取材を受けに向かう。

初めてのトーナメントの初戦で対戦した女性から声をかけられるが

ベスの様子に困惑してしまう。

ハリーもベスを心配し、忠告しに来るが、ベスには届かない。

自暴自棄なベスのもとに、ある人物がやってくる…。(つづく)

 

 

 

ハリーは、自分の父親が酒飲みだったため、酒におぼれるベスを心配するが

荒れた生活をするベスには、ハリーの声が届かない。

逆に、チェスを諦め、スーパーで仕事をするハリーを見下すような発言をする。

 

義父、久々に登場。

義母から逃げ、お葬式さえ現れなかった義父だが、お金に困ったのか

家を売りたいと弁護士を連れ現れる。

亡くなった義母をけなす義父に呆れるベス。

義父からこの家を買うと言い、チェスの活動費が底をついてしまう。

 

こんな状態でモスクワでボルゴフと、どう戦うのか?と心配していると

ラストでベスの家に孤児院で一緒だったジョリーンがやってきて、つづく…に!

 

すっかり大人っぽくなったジョリーンに驚かされる。

彼女は今何をしているのだろう?

彼女も、ベスを心配して会いに来てくれたのだろうか?

 

次回、シリーズ最終回。

シーズン1で完結になるのか?

7話だとあっという間だ。