映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

BULL/ブル4 法廷を操る男 #5 女たちの闘い Billboard Justice

Bull Season 3 [DVD] [2019]

WOWOWよりあらすじ抜粋

元ストリッパーのジェシカが、不動産王ネイサン・アレクサンダーにレイプされたとしてネットに告発動画をアップする。それを見て同情したテイラーは、ネイサンがその告発をTACに相談しようとしていると知って妨害。ブルは臆測でビジネスチャンスをつぶしたとしてテイラーを解雇しかけるが、ネイサンの容疑が濃厚らしいと知るとジェシカのサポートを引き受ける。しかし、個室での出来事を立証することは難しく……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

アメリカの富豪や権力者が、立場の弱い女性に対しての性的暴行事件が

今回の案件。

me too運動から影響されたエピソードだろう。

 

ああいう男は、被害者の女性に対し、何も思わないのだろうか?

多分、反省の気持ちは、これぽっちもないのだろう。

騒がれたら、お金を積んで黙らせる。

その結果に、女は金を積めばすぐ黙る、とまた見下し続けるのだろう。

 

 

今回の訴えを勝利に導くのは、女性達の団結力。

確かにテイラーの最初のやり方は、ブルやベニーに対してだまし討ちをするという

問題ある方法だったと思う。

いつもならば、事の経緯を説明し、話を聞いたブルが被害者側につくという展開だが

ドラマなので致し方ない。

 

証拠がないため、裁判は最初から不利な状況だったが、好転させたのは

同じく、不動産王のネイサン・アレクサンダーに酷い目にあわされた女性達。

 

1人は、元妻のベス。

子供の頃から馬が大好きなベスは、結婚時に夫から

美しいクォーターフォースをプレゼントされる。

4年半後に離婚を切り出され、資産の半分を無条件で渡されたが

彼女が愛した馬だけは手放さなかったと話す。

「ああいう人って、与えられてもダメなの。奪い取ることで快感を得る。」

彼女の人生で一番大切なものを奪い取ることで、快感を得たということだろう。

 

2人目は、

アレクサンダー家の犬の散歩のアルバイト(当時大学生)のタラ・アトキンス

彼にレイプされるが、200万ドルを受け取り、ペットショップを開いた。

秘密保持契約で、口外した場合は400万ドル支払うことになっていたため

口をつぐんでいた。

 

元妻ベスは、彼の資産半分を引き渡された、大富豪。

ベスが、タラの違約金を肩代わりすることで、タラが反証人として出廷し

ネイサン・アレクサンダーの「今まで一度もレイプしたことがない」という

証言に対し、反証することとなった。

 

陪審結果

ネイサン・アレクサンダーの責任を認める。(暴行・故意による精神的苦痛も)

保証的損害賠償金 100万ドル

懲罰的損害賠償金 2500万ドル

 

裁判結果に喜ぶシーンでの、テイラーの

「女同士当然でしょ?」

というセリフで、ビシっと決まった。

 

 

別件では、まだチャンクと娘(妊娠中)の問題が続いていた。

チャンクを拒絶した娘に対し、会話を願うチャンク。

彼女の選択を心から受け入れて、寄り添い励ますことは出来るのか?

次回、和解出来るといいな。

 

マリッサの離婚危機はどうなったのだろう?

気になる。