映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

フィール・ザ・ビート FEEL THE BEAT (2020)

Feel The Beat (Music from the Netflix Film)

ブロードウェイでの活躍を目指していたダンサーのエイプリルは、ある日

ブロードウェイの大御所から恨まれ、活躍の場を奪われてしまう。

アパートも追い出され、仕方なく故郷ウィスコンシン州の実家へ戻ることに。

エイプリルが戻ったことを知った、かつての恩師から、ダンス大会を目指す

子どもたちの指導を頼まれる。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【映画ロケーション】

 

Welly Wongにアピールするためにエイプリルが躍るシーン:カナダ・トロント

Netflixの作品は、カナダで撮影されるものが多い。

NYのシーンは、オールド・トロントで撮影されていた。

 

 エイプリルの故郷ニューポートの街並み:ミルブルック(カナダ)

 映画では、郵便局名がNew Portと修正されているが、ミルブルック郵便局。

 

 ダンス・スクール外観:ミルブルック KIng St.

 

ダンス大会の会場外観:Metro Toronto Convention Centre

 

 見覚えあるエスカレーター (Metro Toronto Convention Centre建物内)

 

エイプリル主演の舞台“Whirly Girl”の劇場:Elgin and Winter Garden Theatre Centre

カナダ・トロントにある劇場

 

 

 (ネタバレあらすじ)

ブロードウェイでの成功を夢見るダンサーのエイプリル。

オーディションに遅刻しそうになり、暴風雨のNYで老婦人が止めたタクシーを

強引に奪い取り、劇場へ向かう。

しかし、タクシーを奪った相手が、なんとブロードウェイ界の大御所Ruth Zimmer。

激怒する彼女に必死に説明しようとする中、ルースは舞台から転落し骨折。

恨まれたエイプリルは、業界から干されてしまう。

アパートも追い出され、仕方なく故郷ニューポートへ戻ることに。

 

街で買い物中、かつてのダンススクールの恩師ミス・Barbと再会。

子供達のダンス・スクールの講師になってほしいと頼まれてしまう。

 

ダンス・スクールには、

Lucia、Oona、KariRuby、Zuzu、Sara、June、Michelleらが。

幼い男の子のDickyは、姉の見学に。

 

・エイプリルの厳しい指導

・子供達の反発

・親に黙って参加するメンバー

等、様々な問題をクリアし、チームは地区大会、州大会と勝ち進んでいく。

  

全国大会出場が決まるが、アトランティックシティへの旅費、宿泊費

衣装代がまかなえいため、街で募金活動をし、

衣装は、エイプリルのNY時代の親友Decoを呼び寄せ、

街の人々のドレスをリメイクしてもらうことに。

 

全国大会

予選の舞台を観た、審査員Welly Wongが、エイプリルの才能を絶賛し

彼女をブロードウェイの主役に抜擢する。

決勝が残っていたが、Wongに言われるままNYへ向かうエイプリル。

 

しかし、過ちに気づいたエイプリルは、Decoを呼び、アトランティックシティへ。

裏切られた子供達に謝罪するエイプリル。

チームは素晴らしいダンスを披露する。

 

ブロードウェイ

エイプリル主演の舞台“Whirly Girl”のオープニングナイト。

Wongのはからいで、ニューポートの子供達が舞台に招待されていた。

エイプリルは、オンラインレッスンで、NYからニューホープのダンススクールに

指導を続けている。  ~終~

(イケメンとの恋愛も盛り込まれているが、おまけなので省略しました。)

 

 

 

とにかく子供達が可愛い!

個人的にはディッキー君

大好きなあつ森のリッキーに見えてきたり。

ディッキー君のパパ役のDennis Andresもカッコ良かった。

中盤から、ほぼ二人中心に。

 

 

 

 

子供と動物には勝てません!

8/10点