映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

アリ&クイーンズ Ali & Ratu Ratu Queens (2021)

Netflixよりあらすじ抜粋

父を亡くした青年が、幼い頃に別れたきり長年疎遠になっていた母親を探しに

インドネシアからニューヨークへ。

そこには思いがけない出会いと恋が待っていた。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

NYが舞台の作品で、公開をとても楽しみにしていました。

街並みばかり注目しそうだと思いながらも、主人公に協力する4人の女性の

キャラが際立っていて、予想よりも倍楽しめました。

もちろんNYクイーンズの景色も!

 

 

【映画ロケーション】

 

母が以前住んでいたアパート:NYブルックリン

Party、Biyah、Ance(Evaのママ)、Chintaの4人が住んでいる。

 

Biyahが、チェスをしているシーン。

どうやらイカサマしていたらしく、お金を奪い逃げる。

公園:Dunningham Triangle

 

貸店舗:81-13 ブロードウェイ,クイーンズ 元々はレストラン

隣のダンキン・ドーナツのDのドアノブが確認できる。

 

アリが最寄り駅に到着したシーン:82 Street Station ⑦出口

不安げな表情で、階段を下りてくる。

 

傷心なアリにイケメンの屋台のお兄さんがポテトを奢ってくれるシーン

Copacabana Brazilian Grillの前(NYジャクソン・ハイツ)

 

アリが母から名刺をもらうシーン:元はおもちゃ屋さん NYブルックリン

 

アリが、母に連れてこられた店。(母が以前ウエイトレスとして働いていた店)

歌を諦めた話をする。

Cafe Wha?:NYの有名なライブハウス。ジミ・ヘンドリックスもここから!

 

アリが1人、夜のマンハッタンを見つめるシーン:Brooklyn Heights Promenade

 

ラストの誕生日パーティー:Panna II Garden Indian Restaurant

インスタ映えで有名になったイースト・ヴィレッジのレストラン

行ってみたい!

 

 

※ネタバレ注意 

 

 

(あらすじ)

 

ジャカルタに住む17歳のアリ。

父が亡くなり、遺品を整理していた時に、母からの手紙の束を見つける。

離婚した母は、アリが5歳の時にニューヨークへ行ったきり。

アリは、手紙の住所を頼りに母を探しにニューヨークへ向かう。

 

母が住んでいた住所を訪ねるが、すでに母は引っ越しており、

アリは、その部屋に住んでいたパーティら4人の女性たちに身の上話をする。

4人は、アリに母親探しを手伝うと言い、アリに同居をすすめる。

(目的は、アリの家賃!?)

 

女性4人のネットワークのおかげで、母がブルックリンのフォートグリーンの家に

住んでいることがわかり、アリは母の家へ向かうが、動揺した母に追い返され

ショックを受ける。

 

諦められないアリは、母の跡をつけ、母が再婚したことと、子供がいることを知る。

アリの姿を見た母は、名刺を渡し、連絡するよう伝える。

 

同居するAjengの娘、エヴァに恋するアリは、彼女にすすめられた服を買い

母との待ち合わせ場所へ向かう。

母との時間を楽しんだアリだったが、母がニューヨークに来て早々に夢だった

歌を諦めていたことを知り、母を責める。

さらに、再婚相手にアリの話をしていないことにもショックを受け、自分を家族と

して受け入れて欲しいと訴える。

 

感謝祭の夜、アパートに母を招待したアリ。

事情を知るパーティ以外の3人は、母に冷たく当たる。

母は、家族からの連絡で、早々に帰宅。

ヘリコプター・ママのAjengに「もしも、この子(エヴァ)を泣かせたりしたら!」

と絡まれながらも、楽しい夜を過ごす。

 

エヴァに付き添われ、ニューヨークでの進学のために動き出すアリ。

しかし、夫にアリのことを伝えられない母は、アリがいない間にパーティの

もとへ行き、小切手を渡し、アリにインドネシアへ帰るよう話してほしいと頼む。

4人は、アリに正直に話し、アリは小切手を受け取り、インドネシアで不自由なく

暮していくのが良いと勧めるが、納得がいかないアリは、4人を罵倒し

アパートを出ていく。

 

アパートを出たアリは、母の家へ向かうが、母はアリを家にいれず

どれだけ苦労したかと責めるアリに対し、

子供を捨てたひどい母親な自分を憎み、嫌えばいいと涙ながらに言い、

アリは母に別れを告げる。

 

アリは、エヴァの家に泊めてもらった後、アパートへ戻り、4人に対し

もう一度同居させてほしいと謝罪する。

そして、彼がインドネシアを出てニューヨークへ来た今日までの自分の思いを

まとめた“ONE WAY (一方通行)”というタイトルの動画を観てもらう。

動画を観て感動した4人は、「もっとましな人間になる。一緒に住んでもいい?」

というアリを抱きしめる。

アリとの動画を観ていた母も、夫に真実を伝えようとしていた。

 

ラストシーン

アリは、ニューヨークで誕生日を迎え、アパートの仲間とエヴァに祝って

もらっていた。大学にも無事入学した様子。

彼のいとこも、NYに到着していた。 ~終~

 

 

 

映画関連動画 

 

 Biyah役のAsri Welasさんが一番女優スタイルで驚く。

 

映画にもあった、アリのお着換えコーナー。

どの服が一番似合う?

 

Asri Welasさんの公式Youtubeチャンネルより。

撮影裏側。