映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

ドント・ブリーズ2 Don't Breathe 2 (2021)

ドント・ブリーズ2 (吹替版)

WOWOW公式より抜粋

デトロイト。若者トリオを撃退してから8年後、元海軍特殊部隊の老男性ノーマンは、11歳の養女フェニックスと暮らしていた。2人はノーマンの旧友に誘われて街に出るが、ギャングの集団に襲われる。直後、ギャングたちはノーマンの自宅に押し入り、一味のリーダー、レイランはフェニックスが自分の娘だと主張。フェニックスの家が焼けた際、ノーマンは彼女を引き取って育ててきたが、レイランたちはフェニックスを連れ去り……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

【ロケ地】廃墟のホテル

セルビアの史跡:Staro Zdanje Старо Здање

 

 

 

ネタバレあらすじ

 

8年後 デトロイトで二人と一匹暮らし

ノーマン・ノードストローム(盲目):元シールズ

フェニックス:11歳(母を火事で亡くす)ノーマンの養女

シャドー:愛犬

 

怪しい男たち

ノーマンの唯一の友人、レンジャー部隊隊員のヘルナンデスが

フェニックスの気分転換にと、買い物に同行させる。

立ち寄った店(のトイレ)で、フェニックスは怪しい男に声をかけられる。

愛犬シャドーが脅し、難を逃れるが、ひそかに追跡される。

その後、男らはヘルナンデスを待ち伏せし、殺害。

フェニックスの自宅も特定し、番犬シャドーを殺す。

ノーマンが、シャドーを探しに外に出ている間に、一味が家に忍び込む。

ノーマンとの格闘の末、一味は命からがらフェニックス誘拐に成功する。

 

誘拐目的

トイレで声をかけてきた男=フェニックスの父のレイラン

8年前、フェニックスの家は、違法薬物製造中の爆発によって火事になり

レイランは、8年間服役。

ノーマンは、意識を失ったフェニックスを助け、養女にしたと話す。

服役を終えたレイランは、フェニックスが焼け落ちた家の中で、母のために

花を手向けていることを知り、娘が生きていることを知った。

 

真の目的

意識が戻ったフェニックスは、拘束を解かれ、父から本名はタラだと教えられる。

その後、母ジョセフィンと再会。

母は、火事現場から一命を取り留めたが、爆発事故が原因で心臓に病を抱えて

いると説明。

薬を飲まされ朦朧とするフェニックスは、両親が自分を誘拐したのは、

心臓移植目的だったと気付く。

廃墟のホテルでの、乏しい医療設備の中、麻酔も無い状況で、手術が始まろうと

していた。

 

ノーマンの反撃

レイランが、ノーマン殺害のために犬を仕向け、立ち去ったが

ノーマンは犬を手なずけ、レイランらの元へ案内させる。

到着したノーマンは、建物を停電させ、レイランの手下や外科医らを殺害。

ジョセフィンは、レイランがノーマンに向け撃った銃弾で死亡。

その後、ノーマンとレイランの一騎打ちとなり、レイランはノーマンに

致命傷を負わせるが、すぐにフェニックスに刺され、死亡する。

フェニックスはノーマンを助けようとするが、「もう助けてもらった」と

言い亡くなってしまう。

 

その後

フェニックスは、廃墟を1人立ち去る。

そして、養護施設へ向かい、子供達の輪に加わる。

自分の名をタラではなく、フェニックスだと名乗る。

倒れたノーマンに、レイランの犬が近寄り、指をなめている。

その指がかすかに動き、彼が死んでいなかったことが判明する。

 

~おわり~

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Don't Breathe 2(@dontbreathemovie)がシェアした投稿

 

 

 

感想

 

個人的見どころ

・シャドー(愛犬)が可愛い。

・ライアンの犬も可愛い。

・あれで移植手術を?

・他は全部怖い

・でも、1人だけまともな人がいた。

 

人一倍怖がりな私は、座ったまま鑑賞が出来ず

キッチンで台所仕事をしながら観終えた。

大画面で観ていたら、血圧上がって倒れていただろう。

 

怖い内容の映画の場合、心のよりどころを見つけがち。

今回の場合は、犬ばかり見るようにしていた。

シャドーが殺され、ノーマンと共に悲しむ。

その後、ライアンが犬を邪険に扱うことに激怒。

(火事の現場から見捨てるし、ノーマンを案内した犬に向かい撃っていた。)

映画「ジョン・ウィック」でも犬に注目していた。

 

移植手術という展開には納得するも、外科医が手にしていたのが丸鋸。

CSIなどで毎回検死時に登場する器材のような。(頭蓋骨などを切ってる印象。)

あんなので、心臓移植手術を?それも麻酔無し?

邦画の「外科室」を思い出し、めまいがしてきました。

 

残酷な殺害シーンに、無言で叫びながら、早送り。

怖いシーンばかりなので、早々に映画は終了。

そんな中、意外にも1人だけ敵側にまともな人がおり、ホッとしました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Christian Zagia(@christianzagia)がシェアした投稿

 

クリスチャン・ザギアが演じたラウルです。

最後には仲間を裏切り、「俺は、ああいうのは許せねえ。」と

ノーマンにフェニックスの居場所を教えていました。

移植手術前にも、「こんなこと間違っている。」と仲間に話していました。

犬の心配もしていたシーンもあり、子供と動物には優しい人。

恐ろしいシーンが続く中で、唯一ホッとさせてくれる人物でした。

 

ラストも希望が持てる終わり方で良かったです。