映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ラスト・クリスマス LAST CHRISTMAS (2019)

ラスト・クリスマス (字幕版)

ロンドンのクリスマスショップで、エルフの衣装を着て働くケイト。

歌手を目指し、日々オーディションを受けるも、毎回散々な結果に。

ある日、不思議な青年トムから声をかけられ、悩める彼女を優しく受け入れ

笑顔で寄り添い、支えてくれるように。

自暴自棄だった日々を改め、生活が好転してきたころ、トムの自宅を訪れた

ケイトは、そこで彼の秘密を知ってしまう…。

 

以下ネタバレあり

 

 

Wham!の名曲「ラスト・クリスマス」にインスパイアされ作られた作品。

脚本は、主人公ケイトの母親役も演じたエマ・トンプソン

 

ケイトが働くクリスマスショップに、クリスマスシーズンのロンドンの街の様子が

何とも素敵で、夏なのを忘れて楽しんでしまった。

そして、ラッキーピエロ十字街銀座店 が恋しくなる。(365日クリスマスのお店。)

 

主人公のケイトは、ジョージ・マイケルの大ファンで、心臓の移植手術を

うけた女性という設定。

ジョージ・マイケルは、2016年12月25日クリスマスに心筋症等、心臓の病で

亡くなったと言われている。

 

主人公ケイトの荒んだ日々が、トムに出会い、徐々に変化し

クリスマスコンサートでの、ラスト・クリスマスに!

客席には、Wham!アンドリュー・リッジリーの姿も。

電飾が巻き付いた衣装がとても可愛らしくて、ちょっと真似してみたい。

 

素敵な作品だったけれど、やっぱりこの映画はクリスマスシーズンに見ないと!

 

 

【映画 ロケーション】

実際、ロンドンで撮影されたため、風景を楽しむことが出来ました。

撮影は、深夜2時ぐらいから行われていたようです。

本当ならば、2021年3月にロンドンに行く予定でした。

いつかロンドンに行った時には、この映画のロケ地を巡りたいと思います。

 

 ケイトが働いていたクリスマス・ショップ YULETIDE

実際の店ではありません。コヴェント・ガーデン 教会の向かい。

 

 

トムのベンチがある秘密の公園 フェニックス・ガーデン

 

 Lombard Street Grasshopper   " UP! "  黄金のグレシャムグラスホッパー

 

 トムが案内した細い道 Brydges Place

 

フィルポット・レーンのねずみの彫刻

 

トムがボランティアをしていた教会 St Mary's Church

 

 ベンチの上にトムが乗り、ケイトがハンバーガーを食べるシーン

クレオパトラの針の側 ベンチは撮影用に用意されたもの