映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

CSI:科学捜査班8 第5話 「本当になったホラー映画」 The Chick Chop Flick Shop

CSI: Crime Scene Investigation - The Eighth Season

オフィシャルブログより

ホラー映画の製作会社リパルジョン・ピクチャーズの看板女優、ウェザリー・アダムスの楽屋に何者かが押し入り、その後彼女が行方不明になる。撮影所の代表スタンリーの連絡を受けたニックとブラスは、捜査を開始。ウェザリーの楽屋でストーカーからの贈り物と思われるバラの花を確認。過去にウェザリーとトラブルを起こしたファンたちのリストを受け取る。

ホラー映画看板女優殺害事件

被害者:ウェザリー・アダムス

職業:リパルジョン・ピクチャーズ(主にホラー映画映画製作)の看板女優

発見時:小道具置き場のマネキンの上 背中に斧が刺さった状態

楽屋:ストーカーからの贈り物らしきバラの花

撮影所オーナー、ラフーン兄弟の兄ヴィンセント

被害者ウェザリーに花を贈った人物は、

元スタッフでウェザリーの元恋人のザルコだと証言

ザルコ

撮影中の事故で顔に大やけどを負い、撮影所をクビに。

面倒は見るから労災の申請はするなとラフーンに言われ信じたが、申請期限が切れた頃に2000ドル渡され、お払い箱にされていた。

ウェザリーは、やけど跡を嫌がり、別れを切り出された。

犯行は、否定。

被害者ウェザリーの爪にはさまっていた皮膚

レイプ検査で発見された精子

→共に映画監督ヴォーン・クランティ(別名ザック・ピュートリッド)のものと判明

映画監督ザック

ウェザリーとの肉体関係は認める。

犯行は、否認。

検視結果

凶器:パイプ状の鋭器

最初の傷を隠すために、斧で刺しなおしたようだ。

防犯カメラの映像

不審者が押し入ったように見せかけようとする男性の姿→兄ヴィンセント?

ザルコをはめようとした?→ヴィンセントを拘束

現場

兄ヴィンセントの帽子のバックベルトにサイズを広げた跡を発見

→防犯カメラの男性はヴィンセントではない?

防犯ビデオ映像を再検証

身長や体格から→弟メイソンだと判明

凶器

亜鉛で電気メッキを施した鉄パイプだと判明

現場倉庫にて撮影用の拷問用鉄パイプを発見

弟メイソンの取調べ

ウェザリーが自ら転んでパイプに突き刺さり死んだと証言。

事件の真相

ウェザリーの死:完全な事故死

しかし、安全義務違反で、撮影所の存続危機!

その上、保険も打ち切られたら、撮影所の運営存続が出来なくなる!

スタンリーの計画

ウェザリーの死を殺人に偽装しようと考える。

ヴィンセントを犯人に仕立て上げるよう計画。

メイソンに指示→スタンリーの提案を承諾(子供の頃から兄にバカにされ続けていたため)

メイソン

事故現場の片付け

防犯ビデオに兄の服装で映る

ストーカーにみせかけるよう被害者の楽屋に飾るバラを購入

一部始終をディッキーが目撃し、スタンリーをゆすっていたと証言

ディッキー殺される!

撮影所の倉庫でディッキーの死体をロニーが発見

射殺され、天井から吊るされたようだ。

銃声

銃で撃たれたザック→ディッキー殺害の口封じでスタンリーに撃たれた

ロニーとザック大ピンチ!!!

スタンリーに射殺されそうに!

スタンリーが2人を殺そうとした瞬間、

ウェザリーに扮装したザルコが、スタンリーの背中に斧を!

愛するウェザリーの敵討ちを!

タイミング良く(?)応援部隊到着 ~エンディング~

今回はホラーエピ!

たまにこういう笑えるてドキドキするエピも嬉しい♪

びっくりしたのが、Wendy Simmsがホラー映画に出演していたこと!!!

それもリパルジョン・ピクチャーズの映画だったのです。

真っ二つに切断されて殺されるシーンを自慢げに皆に見せていました。(-_-;)

ホッジス目パチパチ、サラ唖然、大喜びのヘンリー。

アメリカって何であんなにB級ホラーが多いのかな?と思っていましたが、やはりマニアが多いということなのでしょうね!

グリッソムとウェンディのやりとりも、彼女のホラーマニアぶりがわかるシーンでした。

Wendy: Because I just got the DNA results back for Weatherly Adams, and the skin under her nails and the semen from her SAE, they both belong to Von Krunty.

ウェザリーの爪に挟まっていた皮膚とレイプ検査で見つかった精子、両方ヴォーン・クランティのだったんです!!!

Grissom: Who? 誰?

Wendy: Von Krunty. A.K.A Zack Putrid. クランティ、別名ザック・ピュートリッド!

Grissom: Who's that? 誰だ??

Wendy: The titan of terror, the sultan of slash... he's the movie director.

I just found him in CODIS on a statutory rape charge in Laughlin. He was 18 and the girl was 16.

Can you believe that?

「恐怖のタイタン」とか「サルタン・オブ・スラッシュ」の映画監督です!彼!

なんと18の時、16歳の少女に対する法定強姦罪で告訴されてるんですよっ。

Grissom: What's the matter with you? どーしたんだ?(と、たしなめられる。)

Wendy: Nothing. いや…。

Grissom: Go tell Catherine what you've found. Make sure you pull all the old evidence out of storange in case she needs it.

キャサリンにに報告して、彼女が欲しがりそうな過去の証拠をそろえておくんだ。

グリッソム、ウェンディの興奮ぶりに唖然!!!

検死官のデービッドもホラー大好き!

ウェザリーの検死時に、彼女がホラー映画の女優だと知らないロビンスにビックリしていました。

David: You really don't recognize her? この顔、知らないんですか?

Robbins: No. 知らん。(ウェザリーに刺さった斧を抜こうとしている)

David: Did you ever see Chop, Chop, Fizz, Fizz? 「ザクザクシュワシュワ」観てない?

Robbins: No. ああ。

David: Can I Lick the Spoon? 「リック・ザ・スプーン」は?

Robbins: Please, David. もういいよ!

David: They're classics. クラッシックだ。

Robbins: Those are not classics. The Exocist, The Shining, Rosemary's Baby... Those are classics.

クラシックなもんか!「エクソシスト」「シャイニング」「ローズマリーの赤ちゃん」、そういうのがクラッシックだ!

その後、ロビンスに、ウェザリーの良いところを嬉しそうに語るデービッド。(^-^;)

気になったシーンがグレッグ&サラのシーン。

CSIの仕事に疲れているサラ。

グレッグにホラー映画は、いつもダークヘアーの女性が切り刻まれると文句を言った後の発言が気になりました。

「私ね、毎日死の世界に首をつっ込むこと、もう疲れちゃった…。

ここへ来て以来、毎年殺人事件は増える一方。制御不可能。歯止めすらかけられない。」

サラ、結婚を機にやめちゃうの???

後半のロニーのシーンから、ドラマじたいホラー風に!!!

暴風雨の中、ロニーが給油するシーンは、あのヒッチコック映画「サイコ」のTHE BATES MOTELのセットで撮影されていたようです。見直すと確かに似ている!!!

凝ってますね、CSI ! ! !

ザルコがウェザリーに変装するのもサイコを真似てなのでしょうね。

一番最後のシーンが笑えます。(≧▽≦)

検死室でホラー映画を観るロビンスとデービッドのボケとツッコミ!!!

デービッドは、大きなビーカーらしきものにポップコーンを入れて食べてます。(-_-;)

Robbins: That is impressive. 今のはいいなあ!

As the woman's throat is being slashed you can actually see the entire transverse view of the trachea.

彼女が首を切られるところ。気管の切断面がモロに全部映し出されている。

David: That's all you've got to say? そこですか!?(とツッコミ)

Robbins: I believe I can see the epiglottis. どうやら喉頭蓋も観えそうだ。

David: Epiglottis! 喉頭蓋?!

What about the pathos? ペーソスは?

I mean, what about the humanity? それにヒューマニティ!?

This may have been Weatherhly's best film and that's how you've got to say?

これ、ウェザリーの最高傑作ですよ?

Just watch the movie. いいです…、観てください…。(ガッカリ)

またひとりホラーマニア誕生?(というより、切断面マニア???)