映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

コールドケース S6#14 「セールスマン」“The Brush Man”

Cold Case [DVD] [Import]Cold Case [DVD] [Import]
()
Kathryn MorrisDanny Pino

商品詳細を見る

オフィシャルブログより1967年5月20日。平和そうな住宅街で掃除用ブラシなど家庭雑貨を売り歩くセールスマン、ロイ。背が高くハンサムな彼に思わず視線が止まる主婦も。だが、何者かに殺され、遺体は池に投げ込まれる……。

そして現在。住宅地拡大のため公園の池が潰されることになるが、池の底から白骨遺体が見つかる。腕時計の刻印から遺体は、1967年に失踪したロイだと判明。遺体のそばには水に沈めるための重しが。つまり殺人だ。リリーたちはコールドケースの扉を開く。

以下ねたばれあり

coldcases.jpg

ちょっとー。

かっこよすぎじゃないですか?ロイ!

ロイ役のBailey Chase、彼の四角すぎる顔を残念だと思っていましたが

このドラマではめちゃくちゃステキでした。

外見だけではなく内面もイケメンな役で。これぞおいしい役!?

マイナーリーグ選手だったロイ。

チームメイトのジムが酒におぼれ、妻や子供に暴力をふるっているのがゆるせず

ある日酒場で喧嘩になり、誤って相手を殺してしまいます…。

出所後、セールスマンとして大活躍していますが、自宅には何も物はなく

売上のほとんどを故ジムの妻にこっそり届けていました。

彼の妻も、夫を殺されたとはいえ、見てみぬふりしていた周りの人と違ったと

すでにロイを許していました。

その上、セールスマンとして回っていた住宅街に、傲慢な夫との生活に

苦しんでいたダイアンに気づき、また彼女の息子ケヴィンを気遣い

キャッチボールをしてあげたり。

コールドケースでよくあるパターンではあるのですが、

正義感が強いイイ男ほど、あっさり殺されてしまう…という展開。

ロイも、刑務所で見て見ぬふりを学んだ…と言いながらも、息子を秘密を観られ

骨折するまで殴っていた暴力夫を許せずに、真正面から立ち向かってしまいます。

正義感強いいい男は、真っ向勝負を求めるのでしょうが

一筋縄ではいかない相手には効き目が無いのです。

こっそりと、夫に内緒で3人で逃亡したほうが良かったのになあ…と残念に思います。