映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

CSI:NY S6#2 ブラックリスト Blacklist Featuring Grave Digger

Csi: Ny - Sixth Season [DVD] [Import]Csi: Ny - Sixth Season [DVD] [Import]
(2010/10/26)
Gary Sinise、Carmine Giovinazzo 他

商品詳細を見る

オフィシャルブログより

ビジネスでニューヨークを訪れていた医療会社GMIヘルス・ネットワークのCEO、アーロン・デクスターが、ブロンクスのスラム街で車ごと強盗に襲われ、射殺される。CSIは、防犯カメラの映像からビッグ・ウィリーなる人物がカーナビを車から盗み出したことを突き止め、彼を署に連行。ウィリーは、盗みを認めて仲間の名前を全員白状する。そして、車のドアに付着していた指紋から、アーロンを射殺したのはジュニア・モーズリーと判明。フラックらは、モーズリーのすみかに踏み込んで彼を逮捕する。

以下ねたばれあり

アリーmyラブ」でお気楽なリチャード・フィッシュを演じた

グレッグ・ジャーマンが、屈折した犯人を怪演。

デジタル化する世の中に、彼のようなサイバーテロが今後も出てくる

可能性がありそうで怖い。

映画「ダイハード4.0」のサイバーテロを思い出していた。

今回の見どころは、マックの若かりし頃の姿。

そしてCSIに入ったきっかけ。

マックが尊敬する父親との亡くなる前の回想シーンが出てきました。

アメリカのファンサイトには、マックが来ている軍服や、軍服の

バッチ(勲章?)などを細かく紹介しているところがあり

マニアックさに脱帽。

海兵隊少佐の軍服で、スキューバとパラシュートの技術(資格)を

持っているというバッヂをつけているようです。

他にも細かく勲章等について紹介されていましたが、私には

ちんぷんかんぷん!クエート関連の勲章等もあるようです。

お父さんがマックにNYで働くように勧めていたシーンの

セリフをご紹介します。

死期が近づいたマックの父親は、除隊後しばらく父親の傍で

看病したいと考えるマックに、ニューヨーク市警の仕事を

引き受けるように説得していました。

アメリカの美しき父と息子。涙を誘うシーンです。

McCanna Boyd Taylor:

New York City Police Department's the best in the country.

ニューヨーク市警は、国で一番だ。

You've had your war, son.

お前は軍役を果たした。

Take the job.

仕事を引き受けろ。

Mac: Dad... 父さん…。

McCanna Boyd Taylor:

Claire's from New York, huh? She has family there.

ニューヨークにはクレアの家族がいる。

You're gonna need their help when... babies start coming.

子供ができたら実家の助けも必要だ。

Mac: Whoa, Dad. We just got married.

まだ新婚だ。

And I was thinking that maybe I'd...

それに、僕としては…

if I do retire, maybe I'd move back to Chicago for a while.

除隊したら当分はシカゴで暮らそうかと。

McCanna Boyd Taylor:

No, son. There's no need for you to be here.

いや、私なら心配ない。

I've had a good life.

悔いなく生きた。

You need to live yours.

お前もそうしろ。

Mac: Dad... 父さん。

McCanna Boyd Taylor:

You've served... your country, Mac.

国にはもう十分つくした。

Pick up the phone. Make the call. Take the job.

電話をして、“引き受ける”と言え。

Promise me... you'll make the call.

電話をすると約束してくれ。

Mac: I promise.約束します。