映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ジュディ 虹の彼方に JUDY (2019)

ジュディ 虹の彼方に(字幕版)

女優のジュディ・ガーランドは、『オズの魔法使』(1939年)でハリウッドの

大スターになるが、ステージママ(鬼母)によって十代の頃から薬漬けになり

大人になっても依存症から抜け出られず、キャリアにも陰りが見えていた。

3番目の元夫シドニー・ラフトに、娘ローナと息子ジョーイを預け、お金のために

ロンドンでの5週間のライブに挑戦することになるが…。

 

以下ネタバレあり

 



 

主演のレネー・ゼルウィガーは、この作品でアカデミー賞主演女優賞を授賞。

歌のトレーニングのために1年間費やしたと言われている。

(スター御用達のボーカル・コーチEric Vetro氏とトレーニング。)

 

 

 【映画ロケーション】

 

ロンドン公演の劇場外観:Hackney Empire劇場

 

ロンドン公演の劇場の内部の撮影:Noël Coward Theatre

 

5番目の夫となるミッキー・ディーンズとデートをした場所。

The Hill Garden and Pergola

 

 

5番目の夫ミッキー・ディーンズとの結婚の様子。

映画同様、ロンドンでの公演期間に撮影されたもの。

1969年3月15日に結婚し、1969年6月22日の朝にジュディが亡くなるまでの

約3か月間の結婚生活だった。

Weep No More My Lady: Judy Garland

ミッキーは、1972年に、Ann Pinchotとの共著で、ジュディの伝記本を出版する。

ジュディが亡くなった後は、”ジュディの最後の夫”という仕事で儲けていた様子。

映画でもうさん臭い人物として描かれていた。

 

 

ハリウッドの元大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインの裁判

で公になったように、ハリウッドには昔から様々な裏の顔があったようだ。

ジュディ・ガーランドの数々の逸話(というより犯罪)は、特にゾッとするほど

の内容で、ダイエットと眠気防止目的(覚せい剤)+睡眠薬の常用や

性的虐待等が後に語られている。

映画のシーンでもあったが、ジュディがどれだけおなかが空いたといっても

撮影現場ではチキンスープしか与えられず、食欲減退のために沢山のタバコを

吸わされ、ヘビースモーカーになってしまったようだ。

 

 

Get Happy: The Life of Judy Garland (English Edition)

Gerald Clarkeが書いたジュディの伝記『Get Happy: The Life of Judy Garland』が

先に映画化される予定だったが(主演:アン・ハサウェイ

なんと、プロデューサーのハーベイ・ワインスタインが逮捕され、計画が頓挫したと

言われている。

2009年映画化決定 2014年夏撮影スタート 2017年ワインスタイン逮捕

色々と皮肉な話だ。

 

 

この作品で一番素敵だったシーンは、ゲイカップルとの交流シーン。

ジュディは、既に60年代から同性愛者に対して偏見がないことで有名で、

現在もゲイ・アイコンとして愛されている人物。

LGBTの象徴となっているレインボー・フラッグは、ジュディー・ガーランドの

「虹の彼方に」に着想を得て、サンフランシスコのアーティストであるギルバート

・ベイカーが製作したと言われている。

 

 

映画としては、レネー・ゼルウィガーの演技に圧倒されっぱなし。

命を削りながらスターであり続けたジュディを演じきっていた。

脇役にどんな俳優が出演していても、ジュディにしか目がいかない。

そんな素晴らしい作品だった。

 

9.5/10点

-0.5点は観終えて疲れ果てた。結末はわかっていたが、辛かった。