映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

プロディガル・サン2 殺人鬼の系譜 S2 #8 ヘビの頭 Prodigal Son Ouroboros

Prodigal Son: Season 2 (Original Television Soundtrack)

WOWOW公式より抜粋

ユーロポールのエージェントであり有名なイギリス人作家でもあるサイモン・ホクスリーがニューヨークにやって来た。世界中で運び屋たちが殺されている事件とニコラス・エンディコットの死は関連していると見ているらしい。そんな折、客船の上級船員ホリー・コルソーの遺体が発見される。2発の銃弾が撃ち込まれており、マルコムは怨恨による犯行とにらむが、ホクスリーはホリーを標的としたプロの仕事だと言い放ち……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【ドラマ ロケーション】

 

事件現場:Atlantis of New York Cruises

 

 

サイモン・ホクスリー

ユーロポール・エージェント/作家 代表作「脳内探偵」

ニコラス・エンディコットがNYで殺害された後、海外へ運ばれたと考え、NYへ。

すぐに、ギルたちチームが捜査をする殺人現場に現れる。

ホクスリーは、最初から”外科医”を父に持つマルコムら家族を怪しんでいた。

彼は、マーティンが収容されている病院までも出向く。

ジェシカの話から、ウィットリー家が殺害したと確信する。

 

エンディコットの死体運搬の秘密

マルコムが、エンディコットの死体をどのように海外に運んだのかは

前回まではわからないままだった。

マルコムは、エンディコットの汚れ仕事を請け負っていた手下を利用し、

エンディコットの命令のふりをして、海外で処理させていた。

その後、エンディコットの死体遺棄に関わった人物らが次々に殺害される

事件が起こる。

マルコムは、直接会ったエンディコットの手下の女性にも危険が及ぶと考え

彼女を逃がそうと考える。

 

ナタリー

マルコムが死体遺棄のため会ったナタリーに連絡を取り、逃亡するよう助言する。

マルコムには、ナットをソフィー(元エンディコットの手下、死亡)と重ね

ナタリーがエンディコットに脅迫され働かされていると想像していたが

実は、彼女こそが、エンディコットの死体遺棄に関わった人物らを次々に

殺害していた犯人だった。

船に逃げ込んだマルコムは、船内でナタリーに呼び出されたホクスリーと遭遇。

ナタリーは、2人を殺そうと船外から銃撃してくる。

ナタリーは、結果、船から落下し死亡。

 

ウロボロスの殺人

ナタリーが、エンディコット殺害の犯人と勘違いしたホクスリーは、

マルコムに謝罪。

マルコムは、今回の事件を本にすると良いと言うが、ホクスリーは自分は

事件のサポート役で主人公ではないと言う。

そこで、マルコムはホクスリーに手柄を譲り、ホクスリーこそがホームズだと

讃え、マスコミから注目されなくなったと嘆く彼のために妹エインズリーが

独占インタビューを放送。

ホクスリーは、新作「ウロボロスの殺人」に今回の事件の詳細を書くと話し

アメリカを去っていく。

エンディコット殺害の犯人=ナタリーとなり、完全犯罪となり、母ジェシ

妹エインズリーとともに、3人で乾杯をする。

~つづく~

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tom Payne(@thetpayne)がシェアした投稿

 

 

エンディコットの件は、これで一件落着となるが、気になるのは

父マーティンとDr. Vivian Capshawとの関係。

最後のキスは、ヴィヴィアンからキスしたように見えた。

マーティンは、脱獄するための関係を築こうとしているのだろうか?

それとも本当に彼女に少し惹かれているのだろうか?

 

残り5話。どんな最終回になるのか?

父が、脱獄して行方不明…ぐらいか?