映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

プロディガル・サン 殺人鬼の系譜  S2 #1  処刑人の流儀 Prodigal Son It's All in the Execution

Prodigal Son: The Complete Second Season [Blu-ray]

WOWOW公式サイトより抜粋

マルコムは、エインズリーが殺したニコラス・エンディコットの遺体をマーティン指導のもとで処理した。殺人隠蔽の罪悪感で苦しむマルコムだったが、それ以外の感情にも気付いていた。一方、マーティンは刑務所内のコロナ対応で活躍したご褒美に、ライカーズ刑務所からクレアモントに戻る。しかしそこではかんしゃく持ちの囚人ジェリーと同室だった。暴れ回るジェリーに辟易したマーティンは、ジェリーを感電死させようとするが…。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Prodigal Son(@prodigalsonfox)がシェアした投稿

シーズン1のラスト

・ギル・アローヨが、エンディコットにに刺され重体。⇒エンディコット指名手配

 ギルの病室で、マルコムの母ジェシカが付きそう。

・エンディコットが、ウィットリー家に現れる。

・マルコムは、エンディコットに銃を向けるが、発砲出来ない。

・エンディコットは、「全ては自分の思うがまま!」と勝利宣言。

・エインズリーが、エンディコットの首を切り、その後メッタ刺しに。

 エインズリーは、殺害時の記憶が無い。「何があったの?」と発言。

・父マーティンは、刑務所で暴動を引き起こし、拾ったスマホでマルコムに

 電話をかける。

 事情を知ったマーティンは、「さすが、我が娘!」と喜ぶ。 エンディング

 

 

以下、S2  第1話で判明したこと。

 

 

殺害隠蔽

(殺害時)

・記憶が無い妹エインズリーに、マルコムは自分が殺したと言い聞かせる。

・父マーティンからエンディコットの死体の処分方法を聞くマルコム。

・バラバラにし、処分。

(現在)

エストニアでエンディコットの死体が発見されるが、マルコムは疑われていない。

 ⇒以前のように捜査に参加。

・母ジェシカは、何も知らない。

・妹は自分が殺したことに気づいている。⇒レポーターの仕事を続ける。

パンデミックが起きているNYの設定

 

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Prodigal Son(@prodigalsonfox)がシェアした投稿

事件解決

ペントハウス・キラー ⇒冒頭で事件解決

②ギロチン殺人事件

 ある死刑囚が、死刑執行後に冤罪と判明。

 死刑執行人は、罪のない男を殺したことに激怒し、

 冤罪に関与した女性をギロチンで処刑し、男性は死ぬまで壁の中に監禁。

 マルコムも殺害しようとするが、逮捕。 ⇒事件解決

 

 

父マーティン

・一般刑務所に送られたマーティンは、前シーズンの最終回、

 刑務所内で故意に暴動を引き起こす。⇒スマホ入手

パンデミック後、刑務所内で医者として医療に従事したことが認められ

 かつていた精神病棟へ移送に。⇒大暴れする患者と相部屋に

・相部屋の男性を感電させる⇒感電療法で男性が回復。⇒念願の1人部屋に。

・息子マルコムと、宿敵エンディコット殺害に関して語り合いたい。

PTSDなマルコムに、エインズリーを守ってくれたことに感謝し、励まそうとする。

 

 

 

(感想)

マルコムは、目の前で妹がエンディコットを殺害するのを目撃し

妹を守るため、父の指導で死体をバラバラにし、処分をしていた。

そのことがPTSDとなり、マルコムがシリアルキラーのような表情に。

演技なのか、本気なのか?といったシーンが続く。

父を遠ざけていたが、今は、父が自分の一部だと話していた。

 

父マーティンは、憎きエンディコットを娘が殺害し、息子が父のアドバイス通り

に死体をバラバラにして処分したということが、嬉しい様子。

その時のことをマルコムと語り合いたくて仕方がない。

サブタイトルにもなっている“殺人鬼の系譜”を実感し、大興奮中。

刑務所だろうが隔離された精神病棟だろうが、楽し気でやりたい放題の

マーティンが何だか可愛く見えてくる。

 

JTが人種差別にあうシーンは、警察官に拘束されて亡くなった、黒人男性

ジョージ・フロイドさんの事件からインスパイアされたものかもしれない。

冒頭で、ダニも人種差別について発言をしていた。

JTは、だいぶショックを受けている様子で、心配になる。

 

ジェシカは、ギルとダニが話しているのを立ち聞きし、着飾ってギルの

職場に会いに来ていたが、声をかけずに帰ってしまう。

今シーズンも、ギルとジェシカの思いはすれ違ってしまうのだろうか?

 

エンディコットの件は、あっさり終わったように見えるが

必ず何か蒸し返すようなことが起こるだろう。

マルコムが疑われるようなことはあるのか?

 

 

まずは新シーズンが始まって何より。

あまり怖いシーンが無いことを願います。

ギロチンとか、本当にやめて欲しい!