映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

プロディガル・サン 殺人鬼の系譜 S1 #10 聖夜の殺人 Silent Night

Prodigal Son: Prodigal Son TV Show | Prodigal Son TV Series Notebook | Wonderful Notebook Diary | Cute Journal Gift

WOWOW公式サイトよりあらすじ抜粋

 クリスマスの前日、マーティンのインタビュー映像がテレビで流れ始め、マルコムもジェシカも落ち着かない。そんな中、ホテルの一室で男女2人の遺体が発見されるが、そのうち男性は刑事局長のイアン・ターナーだった。マルコムとギルは、ターナーの元相棒オーウェン・シャノンを訪ねる。シャノンは「外科医」事件を追っていたが、あることをきっかけに解雇されていた。彼は非公開の捜査資料の隠し場所にマルコムを案内し……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

第10話は、シーズン1の途中だが、アメリカでは12月2日に放送し

次回は年明けの1月20日に放送されている。

Fall Finale、Mid Finaleと呼ばれる回で、クリフハンガーなエンディングに

なっていた。

 

 

(今回の事件)

 

被害者1:刑事局長 イアン・ターナー (同性愛者)

被害者2:娼婦 エミリー・ヘイズ (マッチングサービス会社“籠の鳥”)

 

容疑者1:ターナーの元相棒 オーウェン・シャノン

ターナーとシャノンは、以前から連続殺人鬼“外科医”(=マルコムの父)を

追っていた。

シャノンは、ターナーに関して内部調査室に報告され、警察を止めることになる。

 

外科医ことマーティン・ウィットリーは、息子マルコムによって警察に通報され

かけつけたギル・アローヨによって逮捕される。

ギルの大手柄となり、シャノンは手柄を横取りされたと嫉妬し

ギルを“ラッキー・ボーイ”と呼んでいたようだ。

シャノンいわく、『外科医の事件には、まだ謎が残っていた』。

 

 

マッチングサービス「籠の鳥」の代表:Macy Barnes

エミリーをターナーのもとに送ったのは事実。

ターナーの評判を落とすことが目的で、エミリーは学費を稼ぐために仕事を

請け負った。

エミリーは、ターナーに「情報提供者になる」になると言っておびき出し

証拠になる写真を撮る予定だったが、殺されてしまった。

 

 

イアン・ターナーの秘密の倉庫へ

オーウェン・シャノンとともにマルコムは、イアン・ターナーの倉庫へ。

シャノンから、マーティン逮捕後も、協力者(片付け屋=廃車男)が

いるはずだと捜査を続けたが、上から止められる。

納得いかないシャノンは勤務態度が荒れ、結果警察を辞めることになる。

倉庫の資料から、ターナーは、シャノンの名誉回復のため

密かにマーティンの協力者に関して調べていたことが判明する。

ターナーとシャノンは恋人同士だった!

ターナーとシャノンの捜査で絞られたマーティンの協力者と

マルコムが追っていた容疑者達を照らし合わせていき、1人の人物が浮上する。

 

 

ジョン・ワトキンス 

病院で働いていた人物

マルコムとシャノンは、住所の家に向かう。

実家には、盲目の祖母マチルダ・ワトキンスが暮らしていた。

チルダはこっそりジョンに連絡をし、マルコムが席を外した隙に

シャノンが殺害されてしまう。

マルコムは、ジョンに倒され、どこかへ連れ去られてしまう。

(続く)

 

 

ジョン・ワトキンスは、厳しい祖父と偏った思想の祖母に育てられ

どうやら祖父を殺害したらしい。

(車の整備中に頭の上に車が落ちたとの説明)

ジョンとのフラッシュバックがあり、マルコムはジョンに懐いていた様子。

ジョンは、マルコムを殺人鬼の弟子にでもしようとしていたのか?

 

 

(母ジェシカの決意)

娘エインズリーの、父マーティンへのインタビューが放映され

ジェシカの家の前には、パパラッチや記者らが再び集まるようになる。

ジェシカは、状況を打破するために、行方不明の被害者が身につけていた

ブレスレットについて情報公開をし、懸賞金をつけ、情報提供を求める。

 

 

 

次回は、ジョン・ワトキンスとの過去を思い出していくのだろうか?

ワトキンスと父との関係も何かわかってくるのか?

次回で、マルコムを救出することはできるのか?

マルコムはいったいどこに監禁されている?