映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

THE TENDER BAR 僕を育ててくれたテンダー・バー (2022)

僕を育ててくれたテンダー・バー

アマゾン公式サイトよりあらすじ抜粋

ベストセラーとなった自叙伝「The Tender Bar」を基に、ジョージ・クルーニーが監督を務め映像化した作品。作家を志す若者(タイ・シェリダン)が、恋愛や仕事の夢を追い求める姿を描く。彼は伯父(ベン・アフレック)が営むバーのスツールに座り、地元の個性的な人々から、大人になることの意味を学ぶ。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

【原作】J・R・モーリンガー自伝

The Tender Bar: A Memoir (English Edition)

原作は、J・R・モーリンガーが2005年に発表した自伝「The Tender Bar」。

 

 

【ロケ地】THE DICKENS BAR

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jacobs Corner(@jacobscorner)がシェアした投稿

叔父のチャーリの店“THE DICKENS BAR”

マサチューセッツ州ビバリーにあるJacobs Corner

店の名は、叔父が好きなチャールズ・ディケンズから名付けたという設定。

 

【ロケ地】ボーリング場

Youtube動画は、映画とは関係無いものです。

ボーリング場:マサチューセッツ州ウェークフィールド  Wakefield Bowladrome

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lily Rabe(@lilyrabe)がシェアした投稿

 

 

【感想】ネタバレあり

 

ノスタルジックでとても良いストーリーなのだが、既視感があった。

結果、あまり盛り上がらず、淡々とエンディングを迎えてしまった。

唯一、何故か昔から苦手なベン・アフレックが「アルゴ」以来、久々素敵に

見えたのは嬉しいところ。

 

観終えた瞬間は、10点満点6点ぐらい?と思っていたが、その後、じわじわと

画の温かさが伝わってくるように感じた。今は7.5点/10点。

中高年におすすめの作品かもしれない。

 

実父“The Voice”や、大学時代のGFのシドニーなど、悪役も登場するが

そこまでの奴ではないところが、もやっとする。

回顧録が原作なので、仕方ないのだろうが。

 

父親代わりのチャーリーが、男たるもの的なアドバイスをJR少年に伝えていく

シーンが映画の見どころ。

一番印象的だったのは、たとえはさみで刺されても、決して女性に暴力を

ふるうなという言葉。

ベン・アフレックの父も、バーテンダーをしていた時期があると

インタビューで語っていました。(かなり職を転々としたお父さんのようです。)

 

 

その他追記

 

 

【車】1968 Cadillac De Ville

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Solo Voice(@thesolovoiceofficial)がシェアした投稿

映画で一番気に入ったのは、クラシック・カー。

あの水色のオープンカーは、1968 Cadillac De Ville。

 

 

【ロケ地?かも】母ドロシーの実家

家をだいぶ探していましたが、マサチューセッツ州のローエルの

パークビュー・アベニューで、監督を観たという方の記事を読み

ここかな?という家を見つけました。

2013年に撮影されたものなので、確かではありませんが、一応載せておきました。