映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ウィークエンド・アウェイ The Weekend Away (2022)

The Weekend Away: the book behind the major Netflix movie starring Leighton Meester out now – read it before you see it (English Edition)

クロアチア旅行に出かけた親友のベスとケイト。

朝目覚めると、ケイトがいなくなり、連絡も取れない状態。

警察に相談するが親身になってくれず、ケイトが雇った運転手と共に

ケイトの行方を追うことに。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

原作「THE WEEKEND AWAY」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sarah Alderson(@sarahaldersonauthor)がシェアした投稿

原作は、Sarah Aldersonの2020年の同名小説。

 

 

【ロケ地】オープニングシーン

オープニングのタクシーのシーン。

クロアチアスプリトの美しい街並みが映る。

 

 

【ロケ地】クラブ(ブルー・パーラー)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ıllıllı 𝗭𝗘𝗡𝗧𝗔 𝗖𝗟𝗨𝗕 ıllıllı(@zentasplit)がシェアした投稿

ベスとケイトが行ったクラブ:Night club & beach bar Zenta

 

 

【ロケ地】世界遺産 ディオクレティアヌス宮殿

ベスと運転手のZainが、警察に追われるシーン。

クロアチアスプリトの観光名所であるディオクレティアヌス宮殿

Peristyle Square。

 

【ロケ地】ディオクレティアヌス宮殿 地下回廊

警察に追われる2人は、宮殿の広場の後、地下の回廊へ逃げ込みます。

Diocletian's Cellars 観光名所

 

 

あらすじ(ネタバレあり)

クロアチア旅行

主人公:ベス   夫ロブとの間に子供が産まれたばかり。セックスレス

親友 :ケイト  ベスにロブを紹介した友人。元夫ジェイと離婚したばかり。

ベスは、ケイトが計画した旅行で、クロアチアスプリトに到着する。

ケイトが手配してくれた、ドライバーのゼインが送迎し、ホテルに到着。

 

夜遊び

・レストラン

 ケイトのおごりで、豪華なディナーを堪能。

 ケイトは、元夫ジェイのカードを利用するというが、カードを止められて

 いたことが発覚。(誰かと電話で揉めているケイト 元夫か?)

・クラブ

 ホテルに帰るというベスに、クラブへ行こうとせがむケイト。

 仕方なくクラブへ行くと、二人の男性が近づいてくる。

 ケイトは、羽目を外して、男性と遊ぶべきだとアドバイス

 

ケイト行方不明

・ベス :クラブに行ってからの記憶が無いまま、目覚める。

・ケイト:姿が無い。カバンも携帯も無し。連絡が取れない。

・ジェイ:ベスが電話で問い合わせるが、自己中心で勝手なケイトの性格から

     事件性は無いと答える。

・ゼイン:ベスを連れ、警察へ。対応した警官(Pavic)は、非協力的。

 

クラブの男たち

ゼインとベスは、クラブの店員から事情を聞く。

2人の男は、観光客の女性相手に遊ぶエスコート(ホスト)だと判明。

SNSで彼らを見つけたケイトは、嘘をついて彼らを呼び出す。

ベスを見た2人は慌てて逃げ出すが、ゼインに捕まり、ケイトのカバンを盗み

質屋にいれたことを白状し、質屋へ案内する。(ケイトのスマホ入手)

心配した夫ロブが、クロアチアに到着。

 

死体発見

ケイトの溺死体が、海で発見される。

ベスは、夫ロブと死体の確認に。

しかし、ベスと運転手のゼインは、警察から容疑者扱いをされ、べスは

パスポートを没収される。(夫は、帰国。)

ベスは、警察に嘘をついて、死体安置所へ再度連れて行ってもらい、

顔認証でケイトのスマホのロック解除をする。⇒夫とケイトの浮気発覚

 

警察の誤った捜査

・ベスは、ケイト殺害の容疑者に。

・ゼインが過去の人身売買の犯罪者と関係があったことを調べ、彼も容疑者に。

 ベスが、夫とケイトの不倫を知り、報復のためにゼインを雇ったと言い出す。

・クラブのエスコート(ホスト)の2人からも事情を聞くが、容疑者にはならず。

 

ホテルのオーナー

ベスは、宿泊したホテルに監視カメラがあることを発見する。

ホテルのオーナーの部屋に忍び込み、彼が全ての部屋に監視カメラを付けていた

ことを知る。

ケイトが映る映像を探し、エスコートの男らに盗まれた後、彼らを追い

ある車に乗った映像を発見し、ナンバープレートをメモ。

 

指名手配

ベスとゼインは、ケイト殺害容疑で指名手配されることに。

2人はすぐに警察に追われることに。

ベスは、担当した警官(Pavic)に捕まるが、ケイトにフラれて殺害したと責め

尻軽女だと叫ぶ警官。

もみ合いになる中、彼の上司が現れると、Pavicは足を滑らせ、落下し死亡。

後に、死んだ警官が、売春婦らを襲った後、脅迫した過去があったことが判明する。

警察は、ケイト殺害犯=Pavicとし、捜査終了。

 

オニキスのビーズ

ベスは、夫ロブと離婚。

その日は、子供のとの面会のため、ロブの家に子供を連れて訪問していた。

車のキーを探し、ロブの服のポケットを探ると、ケイトにプレゼントした

オニキスのビーズが出てくる。

ベスは、トイレで警察に電話をかけ、スピーカーのままにして夫を追求する。

ロブはベスに追及され、事件の夜の出来事を語りだす。

ケイトを追いかけ、密にクロアチアに来たロブは、ケイトを海辺へ連れて行き

ベスには内緒で関係を続けたいと訴える。

ケイトから、ロブとの出来事は、人生最大の過ちだと言い、ベスに告白すると

言われ、カッとなったロブがケイトを殴り、ケイトを殺害。

ケイトが、警察に連絡したことを知ったロブは、ケイトを襲おうとするが

ゼインに教わった急所を狙い、ロブを倒し、赤ちゃんを連れ逃げ出す。

~おわり~

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Christina Wolfe(@xtinawolfe)がシェアした投稿

死体のシーンを演じるために化粧するケイト役Christina Wolfe

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Christina Wolfe(@xtinawolfe)がシェアした投稿

ベスとケイト、そして例のエスコート(ホスト)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Leighton Meester(@itsmeleighton)がシェアした投稿

出演者一同

 

 

この映画は、最終的に、男性はゼイン以外は皆ダメ男で

女性は皆良い人、という設定で面白かった。

スリードをさせながら、最後までハラハラさせてくれる展開だった。

 

男は

エスコート(ホスト)をしながら、薬を盛って泥棒をする2人組。

 すぐにバレるだろうが、観光客だから訴えず、諦めて帰る人が大半だったのか?

・ホテルに監視カメラを設置し、宿泊者を盗撮する変態オーナー。

 すぐにバレるような監視カメラを設置していて、失笑。

・女性蔑視警官 売春婦を襲い、脅迫して訴えを退けさせる悪党刑事。

 そんな男に相応しい死に際だった。

・夫ロブ

 ケイトに執着しながらも、妻子も諦められない男。

 ベスに叩きのめされ、みじめに泣き崩れる様子を見て、心がすっとした。

 

ケイトが嫌な人でなければ良いな…と心配しながら観ていたので

結末には満足。

原作者が、女性作家というのもあるだろう。

海外の映画サイトでの評価は低いが、美しいクロアチアの景色も楽しめる

良い作品だったと思う。