映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

ジュエル Jewel (2022)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nqobile Nunu(@nunukhumalo)がシェアした投稿

youtu.be

Netflixより

虐殺追悼碑を訪れた写真家が、ひとりの地元女性と出会い、心ひかれてゆく。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

目次

 

 

シャープビル虐殺事件

youtu.be

Wikipediaより抜粋

シャープビル虐殺事件(Sharpeville massacre)は、1960年3月21日に

南アフリカ共和国トランスバールヨハネスブルグ近郊のシャープビルで発生した

虐殺事件。

アパルトヘイト政策を進める南アフリカ政府は、1952年にパス法を成立させ、

国内の18歳以上の黒人に身分証の携帯を義務付け、白人との分離政策の強化を図る。

5,000~7,000人の群集は逮捕を覚悟で身分証を持たずにシャープビルの警察署前で

抗議行動を開始。警察は抗議集団の最前線に装甲車を配備した。

午後1時15分頃、警察官が群集に対して発砲を開始。

69人が死亡、180人以上が負傷する。

1966年の国連総会で、3月21日を国際人種差別撤廃デーと決議。

南アフリカでは1994年以降、3月21日は「人権の日」に。

 

この映画の主人公Tyraは、旅行雑誌の女性カメラマン。

ケープタウンから、シャープビル虐殺事件が起こった町にやってきたという設定

で映画がはじまっていく。

 

 

ロケ地 シャープビル・メモリアル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Briefly South African News(@brieflynews)がシェアした投稿

Sharpeville Memorial

映画では、実際のシャープビル虐殺事件記念碑が映されている。

 

主人公Tyraが、白い煙幕の中から黒人男性が現れる幻覚を見るシーンがあった。

想像だが、あの白い煙は、当時警察官らが撒いた催涙ガスで、

Tyraの父が実際に見たものなのだろう。

白い煙で周りが見えない中、突然現れた黒人男性に父は驚き発砲したのか?

それとも、撃った相手の顔を忘れられずにいたのか?

虐殺事件の被害者の霊からTyraへの訴えなのか?

 

 

糖尿病問題

youtu.be

南アフリカの貧困家庭、と聞くと、勝手なイメージで、飢餓・衛生問題など

を想像しがちだが、現在の南アフリカでの肥満率は25%と言われ、世界的にも

上位の肥満国となっているという。

それゆえ、糖尿病患者が急増し、2011年から2021年の間に患者数・死者数が

約2倍にまで増加したという。

 

映画では、現地の美しい女性Siyaの祖母が、糖尿病でほぼ寝たきりという設定。

忘れずにインシュリン注射をするため、Siyaが管理していた。

この作品の海外での評価は低いが(多分日本でも低いだろう)、史実に基づいた

物語で、現在の南アフリカの健康問題も表現しており、南アフリカについて

何も知らない私にとっては、勉強になる内容だった。

 

 

ループ

youtu.be

映画のオープニングとエンディングで映るバール川。

最初と最後が同じシーン=“ループ”を意味していると思われる。

タイトルのjewelも、映画では、“l(L)”の字が、jを逆さまにした文字が使われており

逆さ言葉(上から読んでも下から読んでも同じ)を表現していた。

 

中盤で、主人公の女性カメラマンTyraの父親が、シャープビル虐殺事件で発砲した

白人警察官だったことが判明する。

それを知ったSiyaの恋人がTyraを殺そうとし、そのことを責めたSiyaの祖母まで

カッとなり殺害してしまう。

あれだけSiyaに執着していた恋人は、二人を殺害したのち、Siyaには飽きたと

言い訳をし、逃走することになる。

 

歴史は繰り返すというように、復讐のループを表現しているのだろうか。

憎悪・復讐のループからはなかなか抜け出せない。

復讐は、更なる復讐を生むだけで、何も解決はしない。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nqobile Nunu(@nunukhumalo)がシェアした投稿

 

 

感想

imdbでの評価は、3/10☆。

確かに、スピリチュアルなシーンは説明が少なく、わかりずらい。

結末もあっけにとられるものだった。

 

殺されかけたならば、普通は警察を呼ぶのが普通だが、シャーマンな女性に

説得され、被害者であるTyraは通報せずに、状況を受け入れてしまう。

Siyaも祖母を殺され、Tyraも目の前で殺害されながらも、警察に行く様子はない。

Tyraが恋人に従順な(抵抗しない)様子も不思議だった。

 

社会派ドラマと思いきや、多くを語らず察してほしいというスピリチュアル系

作品だったのかもしれない。

TyraとSiyaが惹かれあっている設定で(キスのシーンも)

南アフリカのLGBTQ+関連のヘイトクライム問題などもからめているのか?と

思いきや、それについて語るシーンもなかった。

 

南アフリカの人が観ると、また違った感想になるのかもしれないが

いろいろと説明不足で惜しい作品だった。