映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

FBI:特別捜査班 S3 #15 危険な切り札 Straight Flush シーズン最終回

FBI:特別捜査班 シーズン1(トク選BOX)(11枚組) [DVD]

youtu.be

WOWOWより抜粋

エリースは、一時的に事務仕事中心の部署に異動することが決まった。また、支局長代理としてジュバルの元恋人リナが新しい部屋を持つことに。そんな中、閉店後のレストランでポーカーに興じていた男性5人が射殺される事件が起きる。多額の現金や腕時計が盗まれ、チームは強盗目的と見て捜査を始める。しかし犠牲となったレストランのオーナー、フェリックスの経歴が偽物で、資金洗浄までしていたことが判明し……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

目次

 

 

 

アナリスト Elise Taylor

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vedette Lim(@vedettelim)がシェアした投稿

アナリストのエリース(Elise Taylor)は、メキシコの麻薬王アントニオ・バルガス

(Antonio Vargas)の事件の際、首に時限爆弾を仕掛けられたことがあった。

その時のトラウマに苦しめられ、一時的に事務仕事中心の部署に異動することに

なった。

今回は、そのバルカスとFBIの二度目の対決となる。

 

 

ロケ地 GALLERY PINCELADA

Towne House Restorations Inc.(バーノン・ブルーバード沿い)

犯人のミゲル・ロハスが経営するギャラリーで、待ち伏せするシーン。

奥にクイーンズボロ橋が映る。

 

 

ロケ地 ミゲル・ロハス逮捕

逃走するロハスの車に体当たりして止め、逮捕する。

(8-99 43rd ロード)

 

 

ロケ地 バルガス逮捕

ミゲル・ロハスとバルガスと待ち合わせをし、バルガスを逮捕する場所。

線路(レイルロード沿い)やニュータウン川、プラスキ橋が映る。

 

 

ロケ地 グランドセントラル駅

ランドセントラル駅にバルガスが爆弾を仕掛けていた。

ティファニーが、爆弾処理担当と爆弾を探し、スコーラは周辺を警備することに。

 

 

 

ネタバレあらすじ

強盗殺害事件発生

(被害者5名)

  ジェラルド・ベッカー :連邦治安判事

  ポール・ラーソン   :整形外科医

  エリオット・サンダース:クレストフォード・キャピタル重役

  ジェイソン・ブリックス:統計的裁定取引ファンドCEO

  フェリックス・セラーノ:人気レストランオーナー

営業時間外の夜、プライベートでのポーカーゲーム中に殺害される。

翌朝、レストランの店長が5人の遺体を発見する。

目撃者 :ヴィンス・ホッジ(レストランのウエイター)「中東系で浅黒い肌」

防犯映像:奪った高級時計を捨てている⇒強盗に見せかけた殺害目的

 

フェリックス・セラーノの正体

メキシコシティの繊維会社の息子(店長証言)⇒嘘

・メキシコのダミー会社経由で資金洗浄

・2009年以前の情報無し

⇒DNA鑑定=父アントニオ・バルガス(メキシコの麻薬王

事件は、強盗目的ではなく、バルガスの息子殺害が目的だった。

 

リナ・トレンホルム

支局長代理としてジュバルの元恋人リナ・トレンホルムが異動してくる。

今回の事件で、バルガスの情報を得たイゾベル・カスティーユは、自分で直接

バルガスを追いたいとリナに頼むが、リナに止められる。

前回のバルガスの事件の件で、評価が落ちたイゾベルは、名誉挽回を考えるが

リナは自分も巻き添えになると警戒している。

 

犯人:ミゲル・ロハス(Muguel Rojas)

コカイン販売(前歴2件)

GALLERY PINCELADA(資金洗浄用店舗か?)

取引を持ち掛け、バルガス逮捕に協力させる。

ロハスは、FBIの監視下の中で、バルガスに会いに行く。

バルガスに撃たれるが、FBIはバルガスを逮捕し、ロハスは一命をとりとめる。

 

アントニオ・バルガスとの駆け引き

バルガスは、保険のため、グランドセントラル駅に爆弾を仕掛けていた。

釈放しなければ、爆破すると今回も脅迫してきた。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The FBIs(@fbicbs)がシェアした投稿

メキシコへ

バルガスの息子が持っていた手紙をもとに、バルガスの自宅を特定するため

マギーとOAはメキシコへ向かっていた。

自宅を特定し、侵入に成功。バルガスの妻ソフィアと息子カルロスの映像を撮影し

バルガスへの取引材料に使う。

イゾベルは、バルガスを恨むメキシコのモリーナ大佐に妻子の情報を流すと脅迫し

爆弾の解除コードを吐かせる。

 

ラスト

リナ・トレンホルムは、バルガス逮捕の会見を開き、前回の事件に巻き込まれ

トラウマに苦しんでいたエリースも会見を見守っていた。

リナは、FBIの支局長に昇進する。

~シーズン4へ つづく~

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The FBIs(@fbicbs)がシェアした投稿

 

 

感想

感想は、バルガス逮捕より、シーズンフィナーレよりも

私の(妄想での)ライバル、リナの異動(昇進)問題が中心。

ジュバルとイチャイチャしちゃってやな感じ。笑

来シーズン中に、リナに何かが起こり、支局長の座を退くことを祈るばかり。

ジュバルには今まで通りにかっこよく仕切ってほしいけれど、

ジュバルもイゾベルも、リナ同様に昇進してほしい。

 

新シーズンはいつ放送に!?

待ち遠しい!

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The FBIs(@fbicbs)がシェアした投稿

 

リナと別れろ~(念)