映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クローザー2 第22回 神の選択

closerp.jpg

LaLaTVより

病院のER(緊急救命室)で8歳の少年ニコラス・ラングナーが手術中に死亡する。駆けつけたガブリエルとダニエルズが見たのは、息子が病院に殺されたと嘆く母親のメリッサ・ラングナーの姿だった。医大生でもある彼女はニコラスを来院させたのは簡単な内視鏡検査のためで命を落とすような重病であるはずがなく、治療を担当した医師が医療ミスを隠していると主張する。病院側の捜査への非協力的な態度もありブレンダは事件として捜査を開始する。

今回はどんでん返しが続く回でした。

誰もが何だか怪しい!

複雑にからみあったものを少しずつ解いていく過程が面白かった。

手術中に亡くなった少年のお母さんだけでも、どんでん返しだらけ。

息子を殺され原因を病院に隠蔽された被害者の母親→容疑者(故意に病気にさせた?異常な過保護ぶり)→亡くなった夫の両親と疎遠&新しい彼氏発覚(亡き夫の遺産狙いか?)→息子の遺体を盗み勝手に解剖(イカれてる!)→本当に被害者だった→法の壁→ラストでは新たなる加害者に…。

病院側の代表は、カルテの提出を断固拒否し、警察にさえ威圧的に出るいかにも怪しい男性。悪役が多いAnthony Healdが演じているので絶対何か隠しているだろうとは思っていた。

しかし、最後はあっけなく「じゃ、ここからは個人の問題なんで~」とさっさといなくなってしまいビックリ!

しかし、亡くなった原因がわかっても、裁判には出来ないってどういうことなの?!

あの“俺様は神だ!”のデスノートのライトみたいな勘違い医者に、勝つ見込みが無いものは最初からお断りのあの検事…。結局勘違い野郎な医者が最後に殺されてしまったけど、ついでならあの検事も…と思ってしまったのは私だけでしょうか?!(ドラマとわかっての発言だけど、恐ろしい考え!)

あのバカ検事、Deputy D.A. Garnettを演じるJames Patrick Stuartのオフィシャルサイトで確認しましたが、どうやらガーネット検事、また登場するらしい。今度はこてんぱにブレンダやっつけてやって!リベンジ!

後味悪い事件でした…。(-_-;)

でも、最初にデート中の2カップルが病院へかけつけるシーンは楽しかった。ブレンダのドレス姿素敵でした~。どちらのカップルも女性が尻にひいてますね、完全に!(^-^;)