映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

SHARK ~カリスマ敏腕検察官~ 第18話 「地獄の法廷」 Trial By Fire

Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen) [DVD] [Import]

殺人鬼マスターズの公判中、次の審理の被告人デイビスが、警官の銃を奪って法廷に立てこもった。デイビスを説得しようとするスタークだが、マスターズが邪魔し続け、デイビスは次第にマスターズの言うこと聞くようにになり、銃を持つことを許してしまう…。

マスターズは、ヘリを要求。スタークとライナを人質にしヘリで逃げ、空から2人を突き落とすと脅す。

冤罪の男性スタンリー・デイビスが、警察官の銃を奪い、法廷で立てこもった。

悪いことに殺人鬼ポール・マスターズの公判中で、マスターズも人質となってしまう…。

このマスターズが、悪人+頭が切れる奴で、徐々にデイビスを洗脳していこうとするんです!

スタークが、デイビスから信頼を得たかな?という時に、ぶち壊し続ける…。

もう、ハラハラ、イライラ、見ているほうも精神的に追い込まれていくような気分に。

ここ数話、マンネリ化しているかも…と思っていたので、このエピソードには参りました!

やっぱり面白いな、「SHARK」!

確かにデイビスは、冤罪でした。被害者までもが偽証していたのでした…。

デイビスが巻き込まれた事件★

デイビス、店に買い物に

  ↓

・店長、強盗にノックアウトされる。

(真犯人は、街のギャング、ストリート・ポッセ。リーダーのダニエル・モレノと連れの若者2人組)

 デイビスは、強盗が来たので慌てて逃げただけ。

 一部始終を店にいた店長の娘が見ていた。

  ↓

・警察に通報

 しかし、街を牛耳っているギャングを恐れ、気絶していて犯人は見ていないと店長が嘘をつく。

 また、娘が巻き込まれぬよう、店内に他に誰もいなかったと証言。

  ↓

ダニエル・モレノが、恋人のマルタにデイビスが強盗犯だと供述するように命令。

 言うことを聞かなければ殺すと脅されていた。

  ↓

・スタンリー・デイビス逮捕

  ↓

デイビス、妻ブレンダと離婚。(6年結婚していたが、問題を起こしたら別れると約束していた。)

 妻に信じてもらえず、負け犬呼ばわりされ、別れることに。

  ↓

デイビスが、2人組の犯行で、店の奥に若い女性店員がいたと訴えるが、店長が偽証したため信じてもらえず。

  ↓

デイビス、冤罪を訴え、法廷に立てこもる。

  ↓

デイビスが冤罪を訴え立てこもり事件を起こしたニュースが流れ、ストリート・ポッセが事実が明らかになるのを恐れ、店長の娘を口封じのために殺害…。

判事に命に別状がなかったことは本当にほっとした。

判事もスタークも、死の危険が迫り、2人とも子供の事を考えていた。

判事がライナに娘へのメッセージを託すシーンでは、涙涙。

ラストで、スタークに駆け寄るジュリーのシーンでまた涙涙。

しかし…、LAで一番の交渉人よりも、アイザックのほうが頼れるってどういうこと?!

ちょっとそこが納得いきません~。