映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ウェイキング・ザ・デッド 迷宮事件特捜班 Waking the Dead 第6話 ふたたびの誓い 後編 The Blind Beggar(2)

Waking the Dead - BBC Series 1 R2

ミステリーチャンネルより

コンクリートに埋まった死体が発見された同じ場所で、神父が頭を殴られ死亡しているのが発見され…。

今回の事件は、わかりやすかったかな?

★事件までの流れ★

ジェームズとモイラが、教会で結婚

モイラは、教会のスチュワート神父と不倫

スチュワート神父との子(ニック)を、ジェームズの子のふりをして出産

父親ジェームズと息子ニックが対立しはじめる

息子ニックは放浪の旅へ(盲目の女性リンジーと付き合う→彼女は彼の子ビンセントを出産)

リンジーと別れ、手の震えが出てきた息子ニックは、自宅へ戻る。

本当の父親であるスチュワート神父と同じくハンチントン病になったことがわかる。

父親ジェームズは出張中。

自宅の浴室で息子ニックが自殺

母モイラは、コル・ヘアの父ガブリエルに相談。

自殺では、教会で葬儀をしてもらえないため、息子を正装させ、教会の地下の古い棺の中に埋葬する。

ビーズや点字は、リンジーに関わるものだった。

20年後…

父ガブリエルの後を継いだコル・ヘアが教会の耐震工事中に、古い死体(ニック)を発見。

ジェームズとモイラの再宣誓式をするためにスチュワート神父が教会へやってくる。

父ガブリエルに対するスチュワート神父の仕打ちを恨むコル・ヘアが、スチュワート神父へ電話。

(しかし、コル・ヘアは何もせず)

スチュワート神父とジェームズ、教会の地下で会う。

ジェームズは、息子ニックがスチュワート神父の子だと知っていた。

神父が、ジェームズにモイラの酷い悪口を言い、カッとなったジェームズが、神父を殴り殺す。

神父の死体が発見される。

神父と地下から発見された死体(ニック)が親子関係にあるとDNA検査で判明

モイラを追求すると、自分が神父を殺したと話す。

しかし、その話しを聞いたジェームズが、自分がやったと自白。

逮捕前に再宣誓式を行う

式終了後、ジェームズ逮捕。

ここでエンディングかと思いきや、なんと前編で、教会に出かけてから失踪したというエレイン・モリソンが署にやってきていた。びっくり!!! ~エンディング~

モイラ、何故あのスチュワート神父と…。

神父、そのことに関して反省はないのか?

そのうえ、20年もたっているのにモイラの悪口を言うなんて…。

口が悪い頑固ジジイという設定でしょうが、あんな人が神父だったのか???

それともハンチントン病という難病をかかえ、あのような性格になってしまったのか?

コル・ヘアは、あくまで怪しい人物という設定で登場していただけだった。

神父を恨むが結局何もせず。一番まっとうな人じゃ?

モイラも、何故不倫相手のスチュワート神父に再宣誓式をしてほしかったのか?

スチュワート神父に幸せな自分を見せ付けたかったのか?

それとも区切りをつけたかったのか?

ジェームズは、神父を殺害してしまったけれど、ずっと妻モイラを愛していたのでしょうね。

何だか残念です。