映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

WITUOUT A TRACE FBI失踪者を追え S4 第93話「命の格差」 White Balance

WITHOUT A TRACE / FBI 失踪者を追え!〈フォース・シーズン〉 コレクターズ・ボックス [DVD]

Super!drama TVオフィシャルサイトより

アッパーウエストで裕福な白人の女の子エミリーが、ハーレムでは貧しいが成績優秀な黒人の男の子ダーネルが、それぞれ同日同じころに失踪。テレビ局が取材に来てプレス対応はバン・ドーレンが仕切る。ジャックは同じ比重で双方の事件に当たろうとするがバン・ドーレンは早々に、人員をエミリー捜査に多くかけるよう指示する。

ゲスト: ジョージ・ニューバーン「花嫁のパパ」「ブル」

脚本: グレッグ・ウォーカー

監督: ジェフ・トーマス

音楽:ジェームズ・ブラント "Cry"

白人少女、エミリー

エミリーの父:父親名義のカードで400ドルを引き出していた

エミリーの母:内緒でタトゥーを入れていた

コーヒーショップの防犯カメラ

エミリーが男性といたことが判明

同僚女性からの話し

エミリーが、お客さんの忘れ物のビデオカメラを無断で持ちだしていた。

レポートのためだと説明したが、彼氏にあげるためだったようだ。

同僚女性の協力で、一緒にいた男性の似顔絵が完成

ニュースを見た女性

エミリーといた男性は、マイルズ・サスマーだと証言。元カノだと言う。

付き合っていた当時、マイルズにヴァージンしか相手にしないという

男性と関係を持つよう説得され、男性と関係を持ってしまう。

しかし、その男性と会った後、彼は消えた。

失踪後47時間

マイルズを発見。顔に殴られたあざが。

エミリーは直前で抵抗し、逃げ出していた。

マイルズは、男性からボコボコに…。

気づいた時には、男性もエミリーも消えていた。

エミリー発見される。

黒人少年、ダーネル

ハーレムで、母親と二人暮らし。成績優秀で真面目な男の子。

学校の先生からの証言

カーターとディスクの事で喧嘩になっていた。

(カーターが頼んだが、急に要らないと言ったため、揉めていた。)

先生は、CDのコピーは禁止しているので取上げたと説明。

CDを調べると、学校の先生のPCの個人ファイルが見られ、

成績まで改ざん出来る設定になっていた。

カーターから事情徴収

旅行に行きたいために、成績を改ざんしようと考え

ダーネルにハッキングを依頼したが、バカらしくなり断る。

しかし、ダーネルはお金を返さなかった。

再度ダーネルに会うが、ある黒人男性が現れ

銃を向けて、ダーネルを無理やり車に乗せていたことを証言。

ダーネルを連れて行った男性

ダーネルをダーネルの父親に会わせるために車に乗せたと説明

ダーネル、父親と会う

父親は、ダーネルに謝罪。体調が具合が悪いようだ。

その後、毎日のように父親に会いに来た。

銃をもって無理やりつれてきたのではないようだ。

(カーターが嘘をついていた)

ヴィヴィアン、ダーネルの父親に会いに行くが、彼は亡くなっていた。

ダーネルが、父親が死んでいるのを発見。

隣人の女性が警察に連絡をしたが、死体が放置されたままだった。

女性は、ダーネルが出て行った後、若い男性とダーネルが言い争いを

する声を聞いていた。

カーターが、ダーネルを殺害していた。

エンディング

サマンサから「1人は生きていた。1人は死亡。」とジャックに報告。

並んで座っているエミリーの母と、ダーネルの母に報告するために

二人のもとに向かうジャック。

今回は、黒人と白人とはニュースの扱い方、捜査内容も変わって

きてしまうということがテーマでした。

白人の少女の失踪のほうが、ハーレムの少年の失踪よりも

情報も多く寄せられ、ニュースとしての注目度も高いため

FBIは白人少女の事件のほうに人員を増やしていました。

ジャックは、そんな上からの命令に抵抗はするが、逆らわず。

これが、ちょっといつものジャックらしくなくて変な感じだったのですが

問題視するために、渋々従う設定になっていたのでしょう。

テレビ局のレポーターは、2人のニュースを流すとジャックに

説明しますが、結局はエミリーの情報しかニュースに流さず。

騙されたジャックが怒っても、結局は何も出来ず。

その上、ダーネルは亡くなっていました…。

白人少女は生きていた、というのも皮肉な結果でした。

ダーネルの母親に

「実際、黒人の息子の命は白人の命より軽いの。」

と言われてしまいます。

ヴィヴィアンからも何度もイヤミを言われるジャック。

カチンときたジャックが、ヴィヴィアンに怒るが

「あなた傲慢すぎて自分が屈したことを認められないのよ。

結局は権力に屈したのよ、かのジャック・マローンでもね。」

と言い返される始末!

そして、最悪の結末が…。

2人の母親が並んで座るもとに、報告をしにいかねばならない

ジャック。

その後の様子は写っていなかったが、自分で自分が許せなかった

のではないかなと思う。

今回はエンディングまで見て、ドーンとブルーな気持ちに…。(-_-;)

久々ズシンとくるエピソードでした。