映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

主任警部アラン・バンクス DCI Banks 地下室の悪夢 Aftermath

WOWOW公式サイトより

イーストヨークシャーの町で、ブロンドの少女が立て続けに行方不明になる事件が発生。地元警察の主任警部バンクスが捜査するが、有力な手がかりがないまま行方不明者は5人に。そんなある夜、DVの通報があった家の地下室から少女4人の惨殺遺体が見つかる。家主ペインが犯人だと思われるが、彼は捕まる寸前に警官の1人を殺害した際、重傷を負って昏睡状態に陥ってしまう。バンクスは5人目の少女を救おうと捜査を進めるが…。

以下ネタバレあり



ブロンド少女連続誘拐事件

場所:英国イーストヨークシャー

被害者:ブロンドの少女 (行方不明者5人に)

担当:主任警部アラン・バンクス

手掛かり無いまま、捜査は難航。


DV通報

近所の住人から、Payne家で夫が妻に暴力を振るっているという通報が入る。

Payne家

玄 関 妻ルーシー 血だらけで倒れている(一命をとりとめる)

地下室 夫マーカス 警官の首を鉈で切りつける。(警官1名死亡)⇒逮捕⇒入院後、死亡。

地下室から、行方不明の少女4人の遺体が発見される。

(拷問、レイプ後に殺害される。)


Leanne Wrayの行方

行方不明事件の被害者は5人。

Leanne Wray

マーカスに何処かに監禁されているのか?

別の場所に遺棄されているのか?

別の事件に巻き込まれているのか?

自分から出て行った可能性は?

犯人マーカスの地下室から、性犯罪者が好むといわれるDVDが押収される。

 ↓

Leanne Wrayの父、Jackie Wrayの指紋が検出。⇔ Jackie Wrayは共犯者か?

 ↓

Jackie Wray

DVD販売の仕事 → 仕事で指紋が付いていただけ。犯人と面識はない。


Lucy Payneの過去

犯人マーカスの妻ルーシーは、子供のころ、虐待事件の被害者だったことが判明。

ルーシーは、優秀な女性弁護士を付け、協力者ではなく被害者と主張。

過去のトラウマから、暴力的な夫に逆らうことなく服従しまっていたというルーシーは、

誘拐の手助けをしていたことを告白。

ルーシーが車から声をかけ、少女を車に拉致し、地下室に連れ込み殺害。

夫マーカスが行う殺害までの一部始終を見ていたと話す。

Leanne Wray

誘拐時、暴れたため、車内で殺害され、別の場所に遺棄される。


アラン・バンクス

警察は、ルーシーは性倒錯者の夫にDVを受け、心神喪失で事件の手伝いをさせられたため

起訴はせず、治療が必要だと判断。

アラン・バンクスは、ルーシーには判断能力があったと訴えるが

Annie Cabbotが、ルーシーから話(遺棄された場所)を聞き出す担当になり

アラン・バンクスは1か月休暇を取らされる。

納得いかないアラン・バンクスは、Leanne Wrayの遺体発見現場までかけつけ、

被害者少女が普通の女の子だと話し、ルーシーも同じ人間なのだと訴える。

ルーシーは、大きなトラウマを受けた過去を持ち、夫のDVの被害者でもあるが

少女たちにとって加害者だということを理解させようとし、

ルーシーは、罪を認め、自分がやったと言って泣き崩れる。


少女誘拐殺害事件以外にも、隣人女性との関係や、DVの通報を受け向かった警官の問題等

複雑になっている点がドラマに深みを与えている。

他のイギリスの犯罪ドラマでもよくあるのだが、犯人を追う主人公の男性が、ずど~んと悩んで

苦しんでいるものが多いのに反して、女性キャストは強い!(ずうずうしい?)という設定が

多い気がする。

イギリス男性は精神的に弱く、女性は強いのか?

重い重い…といいながら、観ると引き込まれてしまう英国犯罪ドラマ。

アメリカの派手なドラマを見飽きている分、新鮮で良いナ。