映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ウェイワード・パインズ #7 反逆の始まり Betrayal

FOX公式サイトより

イーサンは、ピルチャーから反乱グループの存在を聞く。グループのメンバーは分かっていないが、彼らの狙いは街のフェンスを破壊することだった。フェンスが破壊されればアビーが襲ってくるため、イーサンは街を守るべく捜査を始める。そんな頃、イーサンの車に爆弾が仕掛けられた。反乱グループの仕業だと考えたイーサンは、その爆弾を手掛かりにメンバーを特定していく。そして、ついにグループのリーダーを割り出すが…。

以下ネタバレあり




イーサン

ウェイワードパインズの保安官

自分の車に爆弾が仕掛けられていることを発見。

テロ(街の外壁爆破)の準備をしているメンバーに話を聞こうと声をかける。

元同僚で不倫をしていたケイトに、真実(2000年後の世界、最後の人類)を話し、

テロをやめるよう説得するが、洗脳され寝返ったと思われてしまう。

イーサンは、フェンスを爆破しようとするメンバー達を逮捕し、保安官事務所へ連れて行く。

テレサから、“iIt's just begun.”「始まったの。」と言われ、他にも何か起こることに気付くイーサン。

宅配トラックの運転手が、ハロルドから何かを受け取ったことをしり、トラックを探すイーサン。

トラックを見つけた途端、トラックの荷台が爆破。

テレサ・バーク

イーサンの妻 (不動産業者に勤務)

怪しい空き地が気になり、中に入り、地下に何かがあることに気付くが

上司に余計なことをするなと口止めされる。

学校にも潜入しようとするが、フィッシャー先生にきっぱり断られてしまう。

病院で偶然会ったケイトに声をかけ、イーサンが心配だと説明。

ケイトは、

「シークレット・サービスの暗号回線に電話をしたら、ハスラーの伝言が。

“君は政府の実験の被験者だ。目立たぬように街に馴染め。

そして他の捜査官に厳しく試される。”」と説明し。

テロ活動

街のフェンスを爆破し、外へ出ようと計画。

同時に、Harold Balinger が作ったオルゴールの時限爆弾装置を宅配トラックへ。

エイミーに夜のデートに誘われ、トラックに乗り込んだベンとエイミー。

s1-7-6.jpg

エイミーは偶然見つけたオルゴールを開けてしまい、運搬途中で大爆発!

エイミーは無事だが、ベンはトラックから投げ出され意識不明に。


とうとう住人達の反逆がスタート!

街のいたる場所で、爆破テロが起こるのだろうか?

素朴な疑問①

今回の住人達も“失敗例”として、リセットされてしまうのか?

新たな住人を入れ直し、ルールを変えて住人を納得させるのか?

ただ、真実を知ってもしぶとく生き残る人間は多いと思うのだが?

住人らを納得させられるような良い嘘は思いつかないのか?

素朴な疑問②

管理側に住人達に同情し、救おうとする人は出てこないのか?

人類存亡の危機のため、自分が生き残るためとはいえ

ボランティアで働く彼らは何の疑問を感じないのだろうか?

住人らを人類繁栄のためのモルモットぐらいに考えているのか?

管理側の人間も寿命で減っていくわけだが、管理側の人間もストックしているのか?

次回予告

まさか最終的に、ゾンビドラマになって終わるとか?

それは、まさか、無いよね?