映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 S3 #1 夜 The Handmaid's Tale #1 Night

The Handmaid’s Tale: Season Three [DVD]

WOWOWよりあらすじ抜粋

ギレアドを脱出するため、エミリーとともに地下組織の車に乗り込もうとしていたジューンは、娘ハンナを残してはいけないと、ニコールをエミリーに託し、ハンナが引き取られたマッケンジー宅へ向かう。しかし眠るハンナを起こすことができず、自ら守護者に捕まり、再びウォーターフォード家へ連れ戻される。一方、カナダ国境サービス庁職員に保護されたエミリーは、ニコールとともに難民受け入れセンターを訪れて……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

近未来の米国は、クーデターの後、“ギレアド共和国”となり、“司令官”と呼ばれる

一部の男性に支配されていた。

ジューンは、夫ルークと娘ハンナと共にカナダに亡命しようとするが、3人生き別れ

になってしまう。

夫はカナダに亡命出来たが、娘をギレアドに奪われ、捕まったジューンは

司令官のフレッド・ウォーターフォードの家の侍女“オブフレッド”となり

妊娠出来ない妻セリーナの代わりに、ウォーターフォード司令官の子供を妊娠

するために性交渉を強いられていた。

 

ジューンは妊娠し、ニコール出産した後に、地下組織の手引きで、ギレアドを

脱出するチャンスを得るが、ルークとの娘ハンナを置いていけないと

仲間のエミリーにニコールを預け、ハンナが暮らす家に侵入するが

すぐに捕まってしまう。

 

ジューンは、ウォーターフォード家に連れ戻されるが、開き直ったジューンは

私の娘を奪ったと責めるセリーナに、自分も犬をけしかけられ、娘のハンナを

ギレアドに奪われたと言い返し、娘を奪われる苦しみは同じだと訴える。

 

やっと授かったニコールが連れ去られ、夫のフレッドとの間に溝が出来た

セリーナは、翌日、夫とジューンが関係を持ったベッドに火をつけ

家を燃やしてしまう。(上記動画)

 

ジューンは、リディアおばのもとに戻され、両足に折檻を受けるも

仲間からエミリーとニコールが無事にカナダに着いたことを知らされる。

その後、ジューンは、ローレンス司令官の家へ派遣され、オブジョセフとなる。

(つづく)

 

 

もうここまでくると、ジューンは怖いもの知らずの状態。

顔つきもだいぶ変わってきた。

今後は、地下活動に積極的に参加していきそう。

ウォーターフォード家の妻セリーナは、さすがに別居や離婚となるだろうが

今後も登場するのだろうか?

カナダに逃亡?もしくは、地下組織に協力することはあるのか?

 

MeToo運動など皆無の世界、ここまできたら、ジョン・ウィックの女性版のような

殺し屋が司令官全員殺害しちゃえばいいのに…などと恐ろしいことを願うばかり。

 

風の噂で、シーズン4があると知る。

今シーズンも戦いは続くのか?

1日でも早く、彼女たちを解放してほしい。