映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

息詰まる愛~なぜ夫は殺されたのか? Smother (2021)

ヴァル・アハーンの50歳の誕生日パーティー

家族や友人らが集う中、突然ヴァルの夫デニスが、2人の離婚を発表。

ヴァルは、カールと新生活を始めると話す。

離婚を知らされていなかった3人の娘たちは驚愕し、特に繊細な三女

グレースはショックで騒ぎ出し、パーティーはお開きになる。

翌日、岸壁で夫デニスの死体が発見される。

警察は、事故死と殺人の両面で捜査を始める。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【ドラマ ロケーション】

 

 アハーン家の邸宅。

Moy House : 19世紀初頭、W. Fitzgerald卿が建てた邸宅。

 

 グレースの店:Green's Lahinch

マップではコーヒーショップのよう。Facebookはあったが2018年から更新されず。

 

 ビーチのシーン:Lahinch Beach

 

 

※ネタバレ注意

 

殺された被害者が、金の亡者のサディストでモラハラ夫デニス。

不動産業をしていたが、工事費ケチって欠陥住宅を売りつけていた。

同情出来ず、むしろ死んでくれて良かったと思いながら観る。

常に、自分の良いように相手を操っていく。

娘は3人いるのだが、愛している…というよりも、所有物といった感じ。

娘の金は俺の物、と思っていたふしがある。

 

そんな父親(養父)であっても愛されたいと、職場の金を横領し、

父に都合する娘ジェニー。(儲けたいという思いもあったようだが)

グレースは、父から中絶するよう説得され、嫌だと言えず堕胎し後悔していた。

アナは、そんな父の裏の顔を知っていたのか、親権を得るために父に相談した

ことが、今回の事件の発端になった。

 

アハーン家に関わる登場人物らが、皆様々な問題を抱えており、最終回まで誰が

犯人なのかわからず、二転三転していく。

 

 

 

(各自の問題)

 

ヴァル・アハーン(主人公)

 夫デニスが、ヴァルの友人と浮気。浮気は他にもあった様子。

 夫デニスと離婚。⇒カールと再婚を考えている。

デニス・アハーン(被害者)

 妻に離婚を切り出される。浮気夫だが、カールに奪われるのは

 プライドが許さない。カールの過去を暴こうと準備。

 不動産業:工事費をケチり、欠陥住宅を売ったことで火災が発生。

      多額の賠償金を娘らのお金で都合しようと考える。(店舗の売却等)

      強引なやり口で、大勢から恨みもかっていた。

 支配欲が強い人物で、他人を操ることに長けている。

 娘アナに頼まれ、親権を得るために画策する。

アナ・アハーン(娘)

 結婚相手のローリーの連れ子2人の親権を前妻と争っている。

 親権を得るために、父に相談する。

ジェニー・アハーン(娘)

 医者

 シングルマザーになることを決意

 病院のお金を横領し、義父デニスに都合する。

 別れた夫と父デニスはそりが合わず、邪魔をされ、離婚することに。

グレース・アハーン(娘)

 精神的に不安定で、入院していた時期がある。

 別れた恋人をいまだに好き。(⇒彼はグレースの知人と結婚予定。)

ローリー(アナの夫)

 過去に火事を起こすが、酩酊状態で記憶が無いの妻エレインに罪を擦り付け、

 彼女と離婚し、アナと再婚する。

エレイン(ローリーの前妻)

 結婚時、アルコール中毒になる。

 酩酊中に家が火事になり、記憶が無かったエレインは自分が原因だと思い込む。

 二人の子供の親権を争う姿勢。

カラム(アナの義理の息子)

 ローリーとエレインの長男。

 カールの娘イングリッドが好き。

 カッとしやすい性格。イングリッドをイジメた4人組を叩きのめす。⇒事件に

ジェイコブ(アナの義理の娘)

 ローリーとエレインの長女。カラムの妹。

 疎遠にしていた母エレインを好意的に受け入れる。

カール(ヴァルの恋人)

 学校の教師

 離婚前、教え子の女生徒に好意を持たれ、家に押しかけられるほど執着される。

 拒絶すると、教え子はカールを逆恨み。

 カールの家のゴミ箱からコンドームを盗み、自分の下着につけ、

 カールから襲われたと偽証する。

 カールは逮捕されるが、防犯カメラの映像からすぐに偽証と判明し、無罪に。

イングリッド(カールの娘)

 父カールが、教え子の偽証により逮捕されたことから、母とホテル暮らしに。

 その後、両親が離婚。イングリッドは父と暮らすことを選び、現在の街に

 引っ越してくる。

 

 

 

いずれは誰かに殺されていただろう被害者。

カラムが容疑者となり、意外な結末で終わりを迎え、モヤモヤな残る。

みんなが眉間に皺を寄せているので、こちらも同じような表情で

6話分一気見し、ドッと疲れる。

 

英国・アイルランド共同制作らしく、最初から最後まで重い。