映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

サンドラの小さな家 Herself (2020)

サンドラの小さな家 [DVD]

WOWOW公式サイトより抜粋

幼い2人の娘を連れ、夫の暴力から逃げ出したサンドラ。ホテルで仮住まいしながら働き、新生活を模索する彼女だが、住宅価格の高騰で家を買うこともできず、公営住宅は長い順番待ち。そんなある日、サンドラは娘の絵本にヒントを得て、自分で家を建てようと決意する。困難は多かったが、庭の一角を貸し出してくれた雇い主のペギー、偶然知り合った建築業者エイドらからの温かい助力を得て、サンドラは少しずつ家を作り上げていく。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【映画ロケーション】

 

アイルランド ダブリン・クロンターフでの撮影。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Louise Kiely(@louisekielycasting)がシェアした投稿

 

 

以下ネタバレあり

 

 

主人公:サンドラ

長女 :エマ

次女 :モリー

DV夫   :ガリー(ゲイリー)(建築業)

 

DV夫から逃れるため、準備をしていたサンドラ。

ある日、隠し持っていた逃走資金が夫に見つかり、酷い暴力を受けるが

娘が警察を呼び、離婚が成立する。

 

DV被害者として、ホテルの一室で借りぐらしが出来るようになるが

早く3人で住める家を見つけたいと考えていた。

公営住宅を申し込んでも何百人待ちの状態。

寝る前に娘が話した物語からヒントを得て、自分で家を作ろうと決める。

 

土地も資金もなく、途方に暮れるサンドラに

雇い主のペギーが、裏庭の土地と資金援助を申し出てくれ

家づくりがスタートする。

 

素人のサンドラは、工具店で知り合った建築業者のエイドの助けを借り

ボランティアを集い、苦労しながら家を建てていく。

 

その間、DV夫ガリーとの娘たちの親権争いも始まる。

娘を怪我させた事、次女を会わせないこと等、追求され追い詰められるサンドラ。

裁判にも付き添ったペギーが、サンドラを励まし、アドバイスをする。

結果、サンドラが今後も親権を持ち、子供達の意見も反映されることとなる。

 

家がほぼ完成し、ペギーの自宅でお祝いのパーティーをしていたが

その間に、新居に火がつけられ、全焼してしまう。

 

ショックで寝込んだサンドラが目を覚ますと、そこに義母が。

息子(ガリー)は、長く服役することになったと話す。

息子がDV夫になったのは、父親が母親を虐待する様子を見ていたからだと

話し、貴方は自由よと言い去っていく。

 

跡形もなくなった裏庭。

娘たちは、また新しい家をたてようと、灰の山を片付けていた。

サンドラは、娘たちに励まされ、スコップを持ち、片付けはじめる。

~おわり~

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Element Pictures(@element_pictures)がシェアした投稿

 

 

DV夫の父も、案の定、DV夫だった。

DV夫は、離婚しても元家族に異常に執着をする。

自分の所有物だと思いこんでいるという。

自分の思い通りにならなかったため、暴走した夫は、結果長期服役することに。

アイルランドが舞台の映画には、DV夫が出てくることが多い気がする。

 

主演のクレア・ダンは、友人が突然ホームレス状態になったことに衝撃を受け

この映画の製作を始めたと言う。(企画・脚本ともにクレア・ダン)

 

一次的に避難場所として提供されているホテルの職員は、フロントでの出入を

赦してくれない。DV被害の母子とわかっているはずだが、同情は無く

迷惑な客ぐらいに考えている。

ダブリンのバーの店主も、気遣いゼロで、サンドラをこき使う。

 

そんな苦しい状況の中に、あたたかい人々が登場し、ほっとさせてくれる。

こんな良い人達がいるなんて!と驚くほどの親切さ。

 

苦労して建てた家は一瞬で焼け落ちてしまったが、彼女は娘たちのために

立ち上がり、明るい未来が感じられるエンディングになる。

母は強し!

 

 

 

DVな男は全員、来世はゴキになれ。