映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

目指せメタルロード Metal Lords (2022)

Netflixより抜粋

メタルバンドを組みたい2人の少年。ベーシストを探すも、学校にはメタルに興味のある生徒は誰もいない。そんなとき、チェロを弾く1人の少女と出会ったことで、事態は思わぬ方向へ...。チェロを加えた異色のスリーピースバンドは、はたしてバンドコンテストで優勝できるのか?

 

以下ネタバレあり

 

 

 

目次

 

 

 

LOS BANDO(2018)

2018年のノルウェーの青春映画「LOS BANDO」に設定がかなり似ている。

ベースを探している2人が、チェロを弾く9歳の少女ティルダを仲間に入れ

ロック大会に出場するというもの。

 

日本版公式サイトよりあらすじ抜粋

ドラム担当のグリムと、親友でギター兼ボーカルのアクセルはノルウェーのロック大会に出るために練習に励む毎日。グリムはアクセルの音痴が気になってしかたがない。真実を言い出せないまま、念願の大会出場のチケットを手に入れたものの、ベースもいなければ、開催地は遥か北の果ての町・トロムソ。ベーシストのオーディションにやってきた9歳のチェロ少女のティルダを仲間に入れて「ロスバンド」を結成し、近所に住む名ドライバーのマッティンの運転で長旅のドライブに出かけるが……。
果たして4人はトロムソに無事たどり着いて、ロック大会で演奏することができるのか。

 

 

PWRSLVE

パワースレイヴ

ハンターの車のナンバーは、“PWRSLVE”。

アイアン・メイデンのアルバム「Powerslave」から付けられている。

 

 

メタル宿題一覧

"War Pigs" Black Sabbath

"Ace of spades" Motorhead

"The Trooper" Iron Maiden (live)

"Aces High" Iron Maiden

"Exciter" Judas Priest

"Unchained" Van Halen

"For Whom the Bell Tolls" Metallica

"Holy Diver" Dio

"Mr Brownstone" Guns n' Roses

"Holy Wars" Megadeth

"War Ensemble" Slayer

"Im Broken" Pantera

"Rattamahatta" Sepultura

"Killing in the Name" Rage Against the Machine

"I Am the Black Wizards" Emperor

"Psychosocial" Slipknot

"Schism" TOOL

"New Millenium Cyanide Christ" Meshuggah

"The Lepper Affiinty" Opeth

"Blood and Thunder" Mastodon

"Laid to Rest" Lamb of God

"Hail to the King" Avenged Sevenfold

"L'Enfant Sauvage" Gojira

"Mjod" Kvelertak

 

 

【ロケ地】グレンウッド・レイク高校

主人公らが通うグレンウッド・レイク高校は、オレゴン州ポートランドにある

Parkrose High School(とParkrose Middle School)で撮影されました。

 

 

【ロケ地】スキップを怒らせるシーン

ハンターが、故意にいじめっ子のスキップを怒らせるシーン。

Mesa Frescaオレゴンシティのメインストリート沿いにあるレストラン前

 

 

【ロケ地】ウエルネス・センター

SAFE PASSAGE WELLNESSCENTER

奇行をくりかえすハンターを、父親が入院させた施設。

Anna Lewis Mann Old People's Home

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Adrian Greensmith(@adriansdinnertime)がシェアした投稿

 

 

感想

またまたNetflixのB級コメディか?と思いながら観始めた。

起承転結は予想した通りで、学園ものとしても王道なのだが

ハンターの「俺にはメタルしかないんだ!」という強い思いが

じわじわと伝わり、最終的に

「愛と青春の旅立ち」のザック・メイヨの『ここしか居場所がないんだ!』

という叫びのように、観る側に伝わってくる(かも)。

 

一番の見どころは、バンドコンテストの舞台袖に現れるメタルクイーンな

エミリーの登場シーン。

こちらは映画「グリース」のサンディみたいにカッコいい!

Olivia Newton-John

 

 

メタル好きな方も是非!

個人的には脇役でJoe Manganielloが登場したのが嬉しかった。

気軽に楽しんでください。

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Adrian Greensmith(@adriansdinnertime)がシェアした投稿