映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ワイルド・スピード/ジェットブレイク F9: The Fast Saga (2021)

ワイルド・スピード/ジェットブレイク (吹替版)

Youtubeムービーより抜粋

ドミニクはレティと幼い息子のブライアンの3人で静かに暮らしていたが、ある日仲間のピンチの知らせを聞く。ローマンら"ファミリー"と合流したドミニクは、現場で世界中のコンピュータ・システムを操る装置を見つけるが、突如襲撃者が現れ、装置を奪っていったのはなんと弟のジェイコブだった。凄腕の殺し屋で一流ドライバーであるジェイコブは、実は某国の独裁者組織の一員で、ドミニクたちは世界を震撼させる陰謀を止めるため動き出す。対立する兄と弟...明かされるドミニクの過去...果たしてファミリーの運命は?!

 

以下ネタバレ注意

 

 

 

目次

 

 

 

Dodge Charger

今回は、Dodge Charger 1968 Mid-Enginedが使われていましたが

以前、ドミニクが乗っていた1970 Dodge Charger 500が、彼の納屋に

置かれていたのがチラっと映っていました。

Wikipedia(英)Dodge Charger (1966)

 

 

巨大装甲車“アルマジロ

今作品の目玉のひとつ、高さ14フィート(4.3m)・重さ26t・3両に連なる巨大装甲車

アルマジロ”。

9作目となると、ここまでしないと確かに驚かなくなってくるのかも。

ただ、今はウクライナのニュースを日々観ているので、巨大な軍用車を観ると

映画とはいえ、少し怖くなります。

 

 

ついに宇宙も制覇!?

ローマン・ピアースを演じるタイリース・ギブソンが、以前

「Fast & Furiousシリーズが、唯一行っていないのは宇宙だけ。」と

言っていたことがきっかけで、監督が宇宙シーンを追加したと言われています。

映画を観ながら『まさか笑』と思いましたが、娯楽作品として突き抜けていて

良かったです。

ミニオンズ!?

 

 

【ロケ地】1989年 The Baldwin Speedway

Irwindale Speedway

1989年のフラッシュバックのシーンに登場したThe Baldwin Speedway

ロサンゼルス郊外にあるIrwindale Speedwayで撮影されました。

 

 

【ロケ地】橋でのレースシーン

4th Street Bridge

兄弟でレースをするフラッシュバックシーンで使われた橋は、

ロサンゼルスにある4th Street Bridge。

 

 

【ロケ地】南米 Montequinto

映画に登場する南米のMontequintoは架空の町。

実際の撮影は、タイ南部クラビのKhao Thongにある椰子の大農園で。

関連記事:英語 ‘FAST AND FURIOUS 9’ FILMING BEGINS IN KRABI

その他、タイ近郊で撮影された崖の道を走るシーンや、寺院、製粉所等を使った

シーン等は、全てスタントが演じており、実際のキャストはイギリスで

撮影していたという。

 

【ロケ地】ロンドン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vin Diesel(@vindiesel)がシェアした投稿

高級宝石店Boodles✨

ヘレン・ミレンが演じるクイーニーの登場シーン。

右隣がCartier、左隣はMIKIMOTO

クイーニーの運転で、ロンドンの街を疾走するのは紫色のNoble MC600!

バッキンガム宮殿やPiccadilly Circusなど、ロンドンらしい場所を走ります。

 

 

【ロケ地】オットーの邸宅

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vin Diesel(@vindiesel)がシェアした投稿

Hatfield House

オットーの邸宅でのパーティーシーンで使われた場所。

 

 

【ロケ地】日本のシーン

日本のシーンは、Warner Bros. Studios Leavesdenで撮影されていたようです。

ハリウッド作品にありがちの日本のセットで、毎回失笑。

 

 

【ロケ地】試験場

Greenham Common GLCM Alert and Maintenance Area

ローマンとテズの試験場は、映画ではケルンと紹介されていましたが

実際は、イギリスのバークシャーにある空軍基地の跡地。

映画「スターウォーズ:フォースの覚醒」「スターウォーズ:最後のジェダイ」でも

撮影に使われている場所です。

 

 

ひとこと感想

この映画はストーリーよりも、アクションを楽しむ作品なので

あえてあらすじは紹介しません。

とにかくド派手で、無茶な展開に多少笑いながらも思い切り楽しむのが

一番良い鑑賞方法だと思います。

シリーズは、10作目と11作目で完結することは決定されており

「アクアマン」のジェイソン・モモアが悪役で登場予定と知り、楽しみにしています。