映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

FBI3:特別捜査班 #3 麻薬王の約束 Liar's Poker

FBI:特別捜査班 シーズン1(トク選BOX)(11枚組) [DVD]

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The FBIs(@fbicbs)がシェアした投稿

WOWOW公式サイトより抜粋

市警の警官が交通違反車を取り締まろうとして運転手に銃で撃たれ死んだ。車の後部座席には麻薬王で、FBIのミラー捜査官殺害容疑も掛けられているヴァルガスが乗っていた。ヴァルガスが潜む倉庫にマギーたちが踏み込み、逮捕する。しかしその後、首輪爆弾を付けたエリースが支局の建物に入ってくる。建物前で爆弾を装着され、ヴァルガスを時間内に釈放しないと爆発すると言われたという。残り時間はもう27分を切っていた……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

目次

 

 

 

【ロケ地】警官殺害現場

違反切符を切ろうとした警官が、射殺された現場。

ニューヨーク・ブルックリン

 

【ロケ地】FBI NY支局

Lincoln Technical Institute(職業訓練校):ニューヨーク・クイーンズ

 

 

【ロケ地】起爆装置を持った犯人がいた公園

起爆装置を持った女性を、マギーとOAが発見し、逮捕する。

Rafferty Triangle (Park) : ビル群の中にある小さな公園

 

 

あらすじ

警官殺害事件

被害者:トニー・サンチェス

違反切符を切ろうとしていたNY市警の警官が、運転手に射殺される。

後部座席に座っていたのが、アントニオ・バルガスだと判明。

Antonio Vargas

最大の麻薬カルテルのトップ

7年前、FBI捜査官カイル・ミラーを殺害したといわれている。

 

麻薬王逮捕

アントニオ・バルガスの乗っていた車を追い、倉庫街へ向かいバルガスを逮捕。

拘置所へは連れて行かず、FBIのNY支局へ連れてこさせ、尋問をすることに。

 

バルガス釈放要求

麻薬カルテルは、アントニオ・バルガス釈放を要求。

FBIのアナリストであるエリース・テイラーの首に時限爆弾を取り付ける。

通勤途中、銃を突き付けられ、黒のSUV車に押し込まれたと話す。

イムリミットは、30分。すでに27分を切っていた。

 

犯人の捜査

起爆装置を持った犯人は、400メートル以内と考え、SUV車を探しはじめる。

爆弾処理班が、すぐにかけつけるが、正しいコードを入力しなければ、すぐに爆発するような仕組みになっているため、手が出せない。

スコーラは、エリースを落ち着かせるために、彼女のそばに残る。

 

バルガス釈放

マギーやOAが、見張り役と起爆装置を持つ犯人らを発見するが、どちらも解除コードは知らず、2人とも家族を人質に命令されていたことが判明。

残り時間わずかな中、エリースを助けるため、イゾベル・カスティーユは、バルガスの釈放を決める。

 

エリース救出

バルガス釈放後、解除コードを待つ間、イゾベルは全員を外に退去させる。

解除コードが届き、入力。

残り6秒で、無事時限爆弾が解除される。

 

記者会見

イゾベルは、解雇を覚悟していたが、クビは免れた。

マスコミ対応のため、記者会見をする。

バルガスを、証拠不十分のためにいったんは釈放したが、捜査は続行中だと話し、バルガスに法の裁き受けさせると強くアピールする。

 

~おわり~

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The FBIs(@fbicbs)がシェアした投稿

 

 

感想

今回の個人的みどころは…

・色男なスチュアート・スコーラ

・男気あふれるイゾベル・カスティー

・本当はNY市警の警官だったデイヴィッド・ザヤス

の3本です。

 

首に時限爆弾を付けられ、恐怖に震えるエリースのためにそばに残り、彼女の気をまぎらわそうと、自分の黒歴史を語りだすスコーラ。

退避直前にも、終わったら一緒にお酒を飲みに行こうと優しく声をかけていた。

エリースが生還時に、寒いだろうとさりげなくジャケットをかけたり。

色男ぶりが凄かった。顔が苦手でなければ惚れるところだ。

 

イゾベルは、部下のエリースの命を救うことを第一に考え、クビも覚悟で、独断でバルガスを釈放。

エリースと運命を共にしようと決め、その場に残っていた。

誰よりも男気あふれる女、イゾベル。

一生ついていきます、姉御!と言いたくなる、かっこよさだった。

 

麻薬王のバルガスを演じたデイヴィッド・ザヤスは、アメリカ空軍を除隊後、NY市警の警官だった経歴の持ち主。

『デクスター 〜警察官は殺人鬼』の、捜査官エンジェル役が有名。

釈放された…ということは、今後、登場する予感大!

今シーズン中か?それとも、まだ先なのか?

何としても法の裁きを!

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

David Zayas(@zz_nyc)がシェアした投稿

空軍時代のデイヴィッド・ザヤス(19)。