映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クリミナル・マインドFBI行動分析課2 第6話 『森の中の殺人鬼 The Boogeyman

番組オフィシャルブログより

テキサス州のオゾナ。人口2500人の小さな町で、立て続けにふたりの少年が殺された。犯行現場は町をとりまく深い森の中、棍棒による撲殺だった。性的な痕跡はなく、動機は怒りで、過去の経験に由来するのではないかと思われた。しかしBAUが現地に到着する前に3人目の被害者が出た。殺されたのは11歳の少女。性別を変えたことや犯行のペースの早さを鑑みるに、犯人はターゲットを吟味して選んでいるわけではなく、この町の全ての子供が危険にさらされていると考えられた。


さようなら、エル。

エルのファイナルエピソードとなってしまいました。

こんな去り方悲しいです。(T‐T)

今後、ギデオンもいなくなってしまうのだから。

現在米で放送中の画像など観ると、ギデオンのところに

「誰?このオッサン?」というダンディな男性が立っており、悲しくなります。

エルがいるであろう場所には黒髪の美人が。

今回の犯人には、もうビックリ。

最後にギデオンと車に乗った時のシーン、恐ろしかったです。

いっぱしの殺人鬼という感じ。

だけど、パパとの別れでは、歳相応の表情を見せ、より恐ろしく感じられました。

今回、リード君は天才ぶりを発揮というよりも

暗闇怖がりやさんの可愛い面をアピール。

ガルシアとの電話でビクビクしている姿が小鹿のようでした。

トレイシー役の美少女が、ダコタ・ファニングちゃんっぽいなーと

思っていたら、なんと妹でした!さすがに似ているはず。

どちらかというと、このエル・ファニングちゃんのほうが

弱弱しい美少女という感じがして、より可愛いかも~。

ダコタちゃんは「同情するなら金をくれ!」とか言いそうだし強そうですよね。