映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

プロディガル・サン 殺人鬼の系譜 #11 始まりの場所 Alone Time

Prodigal Son: The Complete First Season [Blu-ray]

マルコムが廃車場キラーのジョン・ワトキンズに連れ去られ、捜索がすぐに始まる。
ジョンの祖母マチルダから情報を聞き出そうとしても、はぐらかされるばかり。
マルコムの母、ジェシカにワトキンス家のアルバムを確認してもらうが、心当たりは無かった。
仕方なく、ギルはマルコムの父マーティンに話を聞きに行く。
話を聞いたマーティンは、「息子はもう殺されている!」とショックを受けて倒れてしまう…。

以下ネタバレあり

 

【ドラマ ロケーション】

エインズリーが上司と歩くシーン。NYハンターストリート

 

ラストのあのシーンは、皆すぐに「ほぼ、シャイニング!」と思われたことでしょう。実際に、シャイニングの音楽(減速されたもの?)が使われていました。怖すぎ。

 

(今回判明したこと)

秘密の抜け道
マーティン・ウィットリー(マルコムの父 通称“外科医”)とジョン・ワトキンス(通称“廃車場キラー”)は、殺人鬼仲間だった。
彼らは、ウィットリー家の地下に隠し部屋を作り、秘密の抜け道等を作っていた。

エインズリー・ウイットリー
幼少期、家の中で謎の男(=ジョン・ワトキンス)に度々出会っていた。
エインズリーは、男をミスター・ブーツと呼び、幽霊か天使だと思っていた。
ある日、彼から天使の置物(人形)をプレゼントされる。
家族に話しても、誰もエインズリーの話を信じず、医者に相談するも、子供は空想上の友達を作るものだと言われ、エインズリーの話を信じなかった。

マルコム殺害未遂
ジョンいわく、マルコムが父の秘密をあまりに知り過ぎたため、キャンプに連れ出し、殺害しようとするも流石に殺せず、ジョンは逆にマルコムに脇腹を刺されてしまう。
ジョンは、自力で川を下り、釣り糸で傷口を縫って処置をしたと話す。

ジョン・ワトキンスの目的
ジョンの最終目的は、ウィットリー家のマルコム、母、妹を殺害することだった。
マルコムは必死に説得しようとするが、止めることが出来なかった。
手錠をつながれていたマルコムは、自ら親指の骨を折り、ジョンに立ち向かう。

 

 

ひとまず、このエピソードで、廃車場キラーの件はひと段落したようだ。
ただ、父親に殺されかけたことや、秘密の地下道で何をしていたのか、箱の中の女性は誰だったのかはわからずじまい。
今後、また、少しずつフラッシュバックをして、秘密に近づいていくのだろうか?

ジョン・ワトキンスは、父がマルコムを殺そうとしていたと話していたが、本当のところはどうなのだろう?
マルコムを自分と同じような人間にするために、ジョンには嘘をついて誘い出し、マルコムにジョンを殺させようとした可能性は?

クロロホルムをかがせていたのは、ジョン・ワトキンスだったようだ。
クロロホルムで、マルコムの記憶を消していたが、効かなくなっていたと話していた気がする。

今後、まだ父マーティンの知人(仲間)は登場するのだろうか?
マーティンはいずれ、マルコムに全てを明かすのだろうか。

次回からは、また通常の事件解決がはじまるのだろう。
シーズン1は、全20話。
シーズンフィナーレまでに、どのぐらい新事実が判明するのか?
気になるところ。