映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

透明人間 The Invisible Man (2020)

透明人間 (字幕版)

恋人のエイドリアンによって軟禁状態だったセシリアは、脱出を密かに計画。

ある夜、エイドリアンに薬を飲ませたのち、セキュリティを解除、

妹エミリーの協力もあり、彼の豪邸から逃げ出した。

その後、エイドリアンが自殺したと知らせが入り、セシリアは彼の遺産を

受け取るために、弁護士のエイドリアンの兄弟のトムに会いに行く。

しかしセシリアは、彼が自殺したとは思えず、偽装したのでは?と疑っていた。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

透明人間 (岩波文庫)

原作は、H・G・ウェルズの「透明人間」(1897)。

 

 

 【映画ロケーション】主にオーストラリアでの撮影

 

 エイドリアンの自宅(主に外観):DOVECOTE The Headland

 

エイドリアンの家(室内撮影):Pebble Cove Farm

 

 

 

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のジューン役のエリザベス・モスが主演の

サスペンス作品なので、彼女が演じるヒロイン(セシリア)が、単なる弱者

ではないとは思っていた。

結果、ハンドメイズ・テイルに似たような展開になっていたような。

 

 

ただ、謎な点もいくつかあり、是非解説を聞いてみたい。

・エイドリアンとトムの兄弟は、いつから組んでいたのか?

 (自殺にみせかけた⇒弟の協力がないと出来ない。)

・トムは、エイドリアンの言いなりだったのか?

 仲良しの、似たもの兄弟だったのか?

・透明人間になってセシリアを見張っていたのは、エイドリアン1人か?

・トムと交互に透明人間になっていたのか?

・エイドリアンは、トムをはめようとしたのか?

 運悪く、トムの時にセシリアに反撃されてしまったのか?

・エイドリアンが、地下室での監禁偽装は、トムが亡くなったのち考えたのか?

 それとも、トムを犯人にしたてるためだったのか?

ただ、ラストで、“Surprise!”とエイドリアンが言っていたので、

一応、エイドリアンの計画だったのでしょう。

 

 

考えすぎな疑問

・セシリアも、お金目的で近づいたわけではなかったのか?

・軟禁状態のようだったが、ピルはどうやって入手したのか?

 (自由はあった?)

・全部、セシリアがお見通しだった…というわけはないか?

 ⇒リスクが高すぎて無理だろう。

 

 

トリビアネタとしては、主人公の“セシリア”という名前は

「盲目の」を意味する caecus という名から派生したローマ人の名前である

Caecilius に由来している。⇒透明人間が見えていない、ということか?

映画の中では、セシリアのことを略して“C”と呼ぶシーンがあり、

それは、見えるのSeeとかけているという意見も。

 

 

 

 撮影裏側:全身緑さん登場してます。こうやって撮っているのですね!

 

サスペンスですが、撮影は何だか楽しそうで良かった。

 

 

8.5/10点 エリザベス・モスが主人公のため、多少結末が予想出来た。

色々な透明人間作品を観たので、意外なビックリはなかった。