映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

ライフ・オブ・ザ・パーティー Life of the Party (2018)

ライフ・オブ・ザ・パーティ(字幕版)

youtu.be

ディアナ・マイルズは、夫のダニエルと娘マディーを大学まで車で送り届けた。

娘と別れた直後、ディアナは楽しみにしていたイタリア旅行の話をすると

夫から突然、離婚を切り出されてしまう。

他に好きな女性が出来たと言われ、ショックを受けたディアナだが

夫との結婚のために中退した大学に戻り、大学卒業を目指そうと考える。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

目次

 

 

映画「BACK TO SCHOOL」(1986)

1986年の映画「バック・トゥ・スクール」に設定が似ている。

この作品は、父親が息子が通う大学の生徒となり大暴れするというコメディ。

大学に入る理由は違うが、かなり似た部分がある。

また、2020年9月にエヴァ・コワルスキーという人物から、彼女が書いた脚本

「College Mom」を盗作したと訴えられることも。

 

 

Uberドライバー役は夫そして監督

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Life of the Party Movie(@lifeofthepartymovie)がシェアした投稿

夫から離婚を切り出され、夫が運転する車を降り、Uberを呼ぶシーン。

運転手役は、監督ベン・ファルコーン。

主人公のディアナ・マイルズを演じるメリッサ・マッカーシーの夫。

夫が監督、妻が主人公という作品を作り続けるおしどり夫婦。

 

 

カメオ出演:実の父

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Life of the Party Movie(@lifeofthepartymovie)がシェアした投稿

ディアナが親友のクリスティーンとラケットボールをするシーン。

外のソファーに座っている年配の男性は、なんと監督ベン・ファルコーンと

ディアナ役のメリッサ・マッカーシーの実の両親!

家族で固めすぎ。

 

 

両親の名前

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Life of the Party Movie(@lifeofthepartymovie)がシェアした投稿

主人公ディアナの両親の名前は、MikeとSandy。

これは、ディアナ役のメリッサ・マッカーシーの実の親の名前と同じだった。

(父:マイケル 母:サンドラ)

 

 

ロケ地 ディケーター大学

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Life of the Party Movie(@lifeofthepartymovie)がシェアした投稿

Agnes Scott College

映画で登場したディケーター大学は、ジョージア州ディケーターにある

アグネス・スコット大学で撮影された。

 

 

ロケ地 Theta Mu Gamma sorority

The Twelve Oaks Bed and Breakfast

ソロリティのシーン。実際は、4つ星ホテル。

 

 

 

ねたばれあらすじ

突然の離婚

主人公:ディアナ・マイルズ(主婦)

夫  :ダニエル(ダン)・マイルズ

娘  :マディ・マイルズ

夫のダンと共に、娘マディを大学まで送ったディアナは、帰りの車内で

他に好きな女性が出来たと、夫から離婚を切り出される。

 

両親と親友

実家に身を寄せたディアナ。

ディアナの両親は、ダンに激怒。

特に父マイクは、ダンが大学在学中に妊娠させ、ディアナだけ中退させたことを恨み

突然、娘を捨てたことが許せず、拳銃を片手にダンの元へ行こうと騒ぎ出す。

その後、ディアナは親友のクリスティンと気晴らしにスカッシュへ行き

夫のために諦めた大学生活を取り戻すというアイデアが浮かぶ。

 

大学に復学

ディアナは、娘も通うディケーター大学に復学し、考古学の学位を取り卒業

しようと決める。

娘マディは、突然のことで動揺するが、仕方なく母を受け入れることに。

ディアナは学生寮に入り、部屋から出られない広場恐怖症のリオノアと

ルームメイトになる。

 

大学生活

考古学の教授:ウェイン・トルザック教授(大学時代の同級生)

授業に出席したディアナは、いじめっ子のジェニファーとトリーナにターゲットに

されそうになるが、その都度逆襲。

その後、娘の恋人タイラーの友人ジャックと出会い、一夜の関係を持ってしまう。

その後。ジャックがディアナに夢中になってしまう。

ある日、80年代がテーマのパーティーに出席したディアナは、パーティーの主役に

なり、いじめっ子のジェニファーらを蹴散らす。

その後、ディアナは、マディも属するソロリティのメンバーに選ばれる。

 

夫の再婚

ディアナは友人たちとレストランで食事中、夫と再婚相手に偶然会ってしまう。

再婚相手のマーシー・ストロングが、実はジャックの母親だと判明し

親友のクリスティンが、ジャックとディアナの関係を暴露し、騒然となる。

マディが、父の結婚式に出席している間、マディの友人らがディアナを連れ出し

間違ってマリファナ入りのチョコレートを大量摂取。

ラリっている状態で、披露宴会場へ向かい、破壊しはじめるが、すぐに見つかり逃走。

 

授業料

夫への弁償のために、授業料が払えなくなったディアナは、大学中退を考える。

娘たちに止められ、パーティーを開催し、お金を集めようと計画する。

多くの人を集めるため、クリスティーナ・アギレラが来るという嘘をつき

当日は大勢の人々が集まり、あっという間に目標額に達成するが、

いつまでたってもクリスティーナ・アギレラが現れないため、苦情が出始める。

ディアナが、返金すると言った直後、クリスティーナ・アギレラが現れる。

実は、ディアナのルームメイトのリオアナのいとこで、ディアナのために

呼び寄せてくれたのだった。

 

卒業

苦手だったプレゼンテーションも、皆の支えで成功。

娘マディと共にナディアは、大学を卒業する。

ハットトスをしなかったナディアに、マディは縁起が悪いからと

帽子を投げるように説得。

彼女が帽子を投げると、元夫ダンの耳に直撃。

自慢のダイヤのピアスが、行方不明になる。

~おわり~

 

 

感想

日本の映画サイトでも、海外のサイトでも、評価が低いこの作品。

ゴールデン・ラズベリー賞でも、Worst Actressに選ばれてしまった。

1986年の映画「BACK TO SCHOOL」を知っていると、余計にベタな作品だと

思われてしまうが、同じ年代の女性としては前向きに元気な学生生活を

送っている主人公が羨ましく思えてくる。

ベタで何が悪い!?

個人的に、メリッサ・マッカーシーが好きだということもあり

皆が言うほど悪い作品ではないと思っている。

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Life of the Party Movie(@lifeofthepartymovie)がシェアした投稿

おりゃー!