映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

CSI:科学捜査班8 第2話 「暗闇の快感」 A La Cart

CSI: Crime Scene Investigation - The Eighth Season

番組オフィシャルブログより

セージブラッシュ・ヴァレー高校のアメフトチーム「コブラズ」のヘルメットをかぶった若者の頭部が、高速道路で発見される。グリッソム、ニック、グレッグは現場検証を開始。道路に残された血痕をたどり、少し離れた道路脇で胴体部分の死体も見つける。

一方、レストラン「ブラインド」では、有名なヌード雑誌「ハックス・マガジン」の発行者、ハンプトン・ハクスリーが殺害され、キャサリンとウォリックがブラスとともに捜査に当たる。「ブラインド」は、その名の通り、暗闇の中で食事をさせるのが売りのレストランで、ウェイターは全員盲目。ハクスリーの連れでヌードモデル(通称、ハックス・キティ)のシャスタとエイプリルをはじめ、客も誰一人犯人を見ていなかった。店のオーナー兼シェフのピッパも、何も知らない様子だ。

事件の謎解きも面白かったけれども、なんといってもグリッソムとサラの出会いの話にドキドキ!

エクリーから「いつからだ?」と聞かれた二人。

サラは「2年前から…」、グリッソムは「9年前…」、さすがのエクリーもグリッソムに「話しを合わせておけよ」と言っておりました。

サラは実際付き合い出してから、グリッソムは最初の出会いである9年前のグリッソムが講師となった鑑識アカデミーの講義が開かれた時(サラは受講生!)のことを話していたのでした。

受講生のサラは「食事に誘う勇気が出なかった…」と色々グリッソムに質問しまくっていたようで、そのサラをよーく覚えていたグリッソム。ポニーテールしていたことまで!(≧▽≦)

きっと、人類学についてしつこく質問してくるサラのこと当時から「可愛いっ!」と思っていたのでしょうね。もう、グリッソムったら!!!

そんな幸せな2人とは対照的に、さらりと離婚を発表したウォリック!

今エピで、何かウォリックの恋愛がらみのエピがあるのでは?!楽しみにしています~。

そんな中、坊っちゃんニックは、グリッソムとサラのことを知らなくて、グレッグまで知っていたことに大ショック!でもいいの!そういうニックが好きだから!いつまでもそのままのニックで!

(母目線です!)

暗闇レストランでの事件の被害者有名なヌード雑誌「ハックス・マガジン」の発行者、ハンプトン・ハクスリーは、どう考えても「プレイボーイ」帝国の帝王ヒュー・ヘフナーですよねえ。

デーヴィッドの家族(フィリップ家)の男性は、皆「ハックス・マガジン」愛読者ということが判明。

今回面白かったシーンは、2つ。

1つは、ウォリックが現場で見つけたもの。(-_-;)

ウォリック:How about a band aid with petals?

花形のバンドエイド!?

キャサリン:It's not a band aid. It's a nipple flower.

ちがうわよ!それはニップルフラワー!

(驚くウォリック)

もう1つは、ホッジスをかわすニックの冷たい態度。

ホッジス:Just so you know, I'm a bit of a go-kart enthusiast myself.

実は僕、ゴーカート狂なんだ!

ニック: That's awesome...

へえ~そうなんだ~(と言いながら去っていく)

憮然とするホッジス。

ニック、もうちょっとホッジスの話しを聞いてあげて!

たとえ話しが長くなろうとも!!!

私だったらずーっと聞いてあげるのになあ。自慢も全部!

オフィシャルブログでも紹介されていましたが

イカボッドは首のない彼を見ておののいた」

というグリッソムのセリフは、映画「スリーピーホロウ」の原作ワシントン・アーヴィングの小説「スリーピー・ホロウの伝説」の一説です。

Ichabod was horror-struck, on perceiving that he was headless.

この言葉、以前もグリッソム、使っていたようです。(シーズン1第22話)

このエピ、冒頭が凝っていました。

ヨハンシュトラウスの「美しく青きドナウ」が流れる中、アメフトのヘルメットをかぶった“生首”がハイウェイを転がっていくのです。

どう思います!?これ!?