映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ヒットマン エージェント:ジュン 히트맨 HITMAN: AGENT JUN (2020)

ヒットマン (エージェント:ジュン) [DVD]

両親を交通事故で亡くし孤児となったジュンは、国家情報院に拾われ、暗殺要員

として育てられる。韓国最強のスパイへと成長するが、幼いころからの漫画家になる

夢を叶えるため、任務遂行中に自分の死を偽装し逃走する。

15年後の現在、売れない漫画家のジュンは、一人娘のアドバイスから

酔った勢いで、暗殺要員だった過去を題材にした漫画『暗殺要員ジュン』を描き、

作品が配信されてしまう。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【映画ロケーション】

 

チョルが、女子高生からカッコいい!と言われ、お金を恵まれるシーン。

その後、局長から電話が入り、ジュンが生きていると知らされる。

ソウル:CAFE PASCUCCI はす向かい。

 

 

 (あらすじ)

韓国の優秀な元スパイ・ジュンは、漫画家になる夢をかなえるために死を偽装し、

別人に。

結婚し娘が生まれるが、家計はもっぱら妻が支え、工事現場でアルバイトを

しながら、漫画を描き続けていた。

彼の作品は酷評され続け、ついに打ち切りが決定。

落ち込む父に娘が、本当の自分を描いてみたら?とアドバイスをし、

酔った勢いもあり、暗殺要員だった過去を題材にした漫画『暗殺要員ジュン』を

描いてしまう。

夫に確認せずに、妻が作品を送信し、『暗殺要員ジュン』は、ネットに公開され

トップの人気作品になる。

作品に描かれた内容は、誇張はあるものの、真実が描かれ、登場人物も

実在の人物そのままを描いており、問題になってしまう…。

 

 

スパイ×漫画家、という面白い設定。

現実とアニメーションがうまく融合されていた。絵も綺麗。

内容は、元スパイの素性がバレ、妻と娘が人質に…というよくある展開。

コミカルな部分とアクション(シリアス)は半々なので、殺害シーンはあるが

気軽に楽しめる作品。

一番好きなシーンは、奥さんのアクションシーン。

まさか!と驚かされたのち、笑わせてくれます。 

 

気軽に是非!

 

 

 メイキング映像 楽しそうな撮影現場

 

 

 

個人的には、弟キャラを演じたイ・イギョン君が可愛くて大注目!

インスタも即フォロー。

 

しかし、ある動画を発見。

 同一人物!?