映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

海の上のピアニスト THE LEGEND OF 1900

海の上のピアニスト [DVD]海の上のピアニスト [DVD]
出演:ティム・ロス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン(2008-06-20)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

1999年アメリカ=イタリア合作
カラー/2時間5分

監督・脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ
原作 アレッサンドロ・バリッコ (白水社刊)
音楽 エンニオ・モリコーネ (サントラ盤・ソニークラシカル)
主題歌「ロスト・ボーイズ・コーリング」
ヴォーカル ロジャー・ウォーターズ
ギター エドワード・ヴァン・ヘイレン

ティム・ロス
プルート・テイラー・ヴィンス
メラニー・ティエリー
ビル・ナン
ピーター・ヴォーン
クラレンス・ウィリアムズ三世

<ストーリー>
大西洋を果てしなく往復する豪華客船ヴァージニアン号の
ピアノの上に置き去りにされた赤ちゃん・・・・
彼の名は、ナインティーン・ハンドレッド(1900)。
1900年にこの船で拾われた為、そう名付けられた。
船を下りることなく成長するナインティーン・ハンドレッドは、
突然すばらしいピアノの才能を発揮し、皆を驚かせた。
楽譜は一切読まず、メロディーは乗客達の表情や仕草に
合わせて即興で作り出されていく。
かつて聞いたこともない素晴らし演奏で、あらゆる人を感動の
渦に巻き込んでいった。
彼は、ある時ふと「陸地から見る海はどうなのだろう・・・」と
考え始める。
そんな時、舷窓越しに美しい少女を見て、彼は優しく美しい
感動的な音楽を奏でる。
その少女が船を降りる時にやっと話しが出来たのだが、
群衆の渦に引き離され、彼女は彼の前から姿を消す。
彼女への想いを断ち切れないナインティーン・ハンドレッドは、
今まで一度も下りる事のなかった船のタラップに立つ・・・。


美しい映画。
悲しいけれど美しい。
ラストが納得いかない。だって、悲しすぎる。

何しろティム・ロスがはまり役。かっこいい!
この映画を観たら、彼の他の映画は観たくない。
そのくらいのはまり役でした。



一番大好きなシーンは、船が嵐でぐらぐら大きく揺れ、
トランペッターが船酔いで苦しむ中、
少しもぐらつかず、颯爽と船の中を歩く1900。
あの瞬間、私は彼に平伏しました。(船大嫌い女)
そして、船の揺れに身を任せて、フロアをぐるぐる回りながら
ピアノを引き続けるシーン。
まるでピアノ版コーヒーカップ。最高のアトラクション。
ディズニーは、こんな美しいアトラクションは作れないものか。
仕方ない、ユニバーサル・スタジオで作って!
もし作ってくれたら、彼の名前に合わせて1900回乗りたい。
船は苦手だけれど、コーヒーカップは得意です。

ストーリーに納得いかないところがいくつかあったが
ティム・ロスのシーンだけはどれも完璧。
あの眼がいい。
あの飄々とした表情もいい。
スマートというのは、ああいうことなんだと思い知った。
イマイチあか抜けないと悩む男性は、彼のしぐさを見習おう。