映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

キッドナップ 第2話 思わぬ届け物 Special Delivery

Kidnapped - The Complete Series

NTVオフィシャルサイトより

FBIも捜査に乗り出し、探偵ナップとキング捜査官の共同作業がはじまった。犯人から送られたレオポルドの証拠は偽もので、捜査陣を霍乱させる。父親ケインは警察を信用できず、懇意にしている弁護士に犯人との接触の可能性を探らせる。

第二話(第二日)は、謎が謎を呼ぶ…。

私立探偵のナップのもとに謎の男から電話が来る。

「僕のせいで迷惑かけたね。(ナップが関わった誘拐事件の犯人か?)

砂漠の件、読んだよ。(謎)

カウンセリング受けるはめになったって。(謎)

僕の妹、まだ生きていると思う?(誘拐事件の被害者?)

僕が殺したと思ってる?(それとも加害者?)

また始まっているんだろう?(今回の誘拐について)

そいつらまた街の有力者か?

大事な者を失くすと、あっという間に転落人生が始まりだ。

ブルックリンで何があった?

チューリッヒについて話せ。

ガキの手がかりは?

(情報源は?と聞かれ)風の便り。」

刑務所からの電話だったが、一体何者なのか???

彼の名前はLarry Kellogg。(Anthony Rapp)

彼の服役している刑務所で、今回の誘拐事件の黒幕の

ようなものがいるのだろうか?

また、どうやら単なるお金目的の誘拐ではなさそうだということが

わかってきた。両親ともに何か秘密の過去があるのか?

まずは今回父親の生い立ちがわかってきた。

まずは、父親コンラッド・ケインが、どこかに電話をし

「サリーいるか?」と尋ね、コンラッドと名乗ると

「そんな奴知らねーな」と言われてしまう。

そこで「コニーだよ」と名乗るが電話を切られてしまう。

誰に電話をしたのか?サリーとは?

知り合いの新聞記者から、コンラッド・ケインについての

タレコミが以前あったと知らされる。

仕事上何か、あくどいこともしていたのだろう。

コンラッドの家に、一番下の娘宛に小包が届けられた。

中身は何と、耳!

そんな中、長女のAubrey Cainとも連絡が取れない。

オーブリーが良く行くバーの名前が“チューリッヒ”。

店を調べると、トイレの鏡に血が…。さらに地下の冷凍庫を

調べてみると、オーブリーの友達が耳を切られて殺されていた…。

あの耳は、彼女のものだった。

コンラッドは、ある店へ入る。店のオーナー、テリーは

彼を見ようとしない。

「悪いがコニー、サリーがあんたは死んだって…」と言う。

サリーというのは、誰なのか?

その後、公園で男性が話しかけてくる。

「俺に出来ることはあるか?」と聞くと、コンラッドは、

「今更父親面するな」と言い返す。

コンラッドの父親のようだ。

何故、父親と絶縁状態なのだろう??

その後、オーブリーと店を出て行った男性が、Desmond Harrington

演じるKenneth Cantrellという前科者だと判明。

ライターズ刑務所に服役していたというが、最初に出てきた

男性と何か接点はあるのだろうか?

2人が朝食を食べている時に、ケネスの出身がオーブリーの父

コンラッドと同じブルックリンのサニーサイドだと判明。

その後、バーの防犯カメラの映像に写っていた男の刺青から

彼がサニーサイドのギャングであると判明。

私立探偵ナップとFBI捜査官ラティマー・キングはサニーサイドへ

向かう。

ケネスは、誘拐の主犯格Schroeder(Doug Hutchison)に

オーブリーを連れまわすように言われただけのようだ。

そして、ケネスはオーブリーの父親のことを知っていた。

絶縁状態なのは、コンラッドは別世界へ行ったが、

父親はまだここ(サニーサイド)にいるからだと言う。

成功するために父親の存在を消したりしたのか???

ケネスを逃がしてオーブリーを助けようとしたナップだが

すぐにFBIがその場にやってきた。

ケネスは銃で撃たれ、オーブリーは救出される。

誘拐されたレオポルドは、薬をこっそり吐き

部屋の壁を調べ、外に抜け出せそうだと気づく。

壁に穴をあけ、逃亡するが、すぐに捕まってしまう。

そしてそこが、メキシコだと初めて気づく。

~~~

レオポルド、すでにアメリカにはいなかった!

頭の良い青年だから、また何度か自ら逃亡を計画するのか?

良くありがちなのが、貧乏だったり、問題ある家族を捨てて

自分だけ上流階級の仲間入りをするパターン。

ドラマ「やまとなでしこ」でも父親が船長だとかウソをついてましたが

コンラッドと父親の確執も、そんなところでしょうか?

主犯格のSchroederが、サニーサイドのギャングを使った

ということは、やはりサニーサイドに住む人物なのでしょうか?

そして、最初に電話をかけてきた人物が誰なのか?

過去の事件でナップと関わったもののようですが、

彼は誰から情報を入手したのでしょうか?

刑務所にいるということは、同じ服役囚からということなのでしょう。

それはいったい誰なのか?

コンラッドのせいで、刑務所にはいることになった人物とか?

父親の過去がわからないかぎり、まだまだ先は見えません。