映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

リ・ジェネシス3 バイオ犯罪捜査班 第13話 未来への警鐘 Back to the Future (第3シーズン最終回)

リ・ジェネシス-感染- (扶桑社ミステリー)

番組オフィシャルサイトより

マグネトバクテリアのゲノム上にスマイル・マークのコードが2か所あることを発見したレイチェルは、それに挟まれた部分の配列を分析するが、困難を極める。一方、デビッドはウェストンとともにオーフランダー・ドックハイマー社に乗り込む。同社がタンタルを研究しているノーザン・スカイに投資していることが分かったからだ。交錯する過去の事件の記憶、陰謀…そしてボブが連れ去られる…。

ボブが夜待ちを歩いていると交通事故現場に遭遇。

パニックになるボブ。

メイコが「大丈夫!」と言い聞かせて、少し落ち着く。

デビッドが帰宅後、話をすると治療をストップする

べきだと言う。

ボブが寝た後、デビッドがインターネットで調べ、

Turnbull博士に電話をかける。

今回のボブの症状は、ウィルスが送り込んだ

SIRNAが、特定のNT受容体を止め

軸索は無事成長したが、一部のウィルスが

間違った方向へ向かってしまったのだろうと話す。

修復されたの視神経を伝って、脳のヤコブソン器官に

入り込み、フェロモン感知器官が活性化され

相手の感情を嗅ぎ取ったり出来るようになったのだと

デビッドは考えた。

レイチェルは、マグネトバクテリアのゲノム上に

スマイル・マークのコードが2か所あることを発見。

ボブ、メイコ、デビッドはNYの博士のもとへ。

NYのデビッドのもとにウェスから電話が。

オーフランダー・ドックハイマー社がノーザン・スカイに

投資していることがわかったと話す。

デビッドとウェスは、オーフランダー・ドックハイマー社の

マイヤーブリッジのもとに。

彼は、ノーザン・スカイに投資し、マグネトバクテリアを使い

金属(タンタル)を抽出する研究をさせていたと話す。

コンゴやオーストラリアなどから掘削している。

あるマグネトバクテリアタンタルと結合するよう

遺伝子操作をする研究をしており、タンタルを安く抽出

するための研究だと説明。

しかし、2005年5月にこのプロジェクトは中止になっていた。

マイヤーブリッジは、カール・リドルマイヤーと親しいとも話す。

オーフランダー・ドックハイマー社を出た後

ウェスのもとに国税庁に勤める友人からメールが入る。

例のリドルマイヤーの会社は、船とトラックの運送会社

だった…。

デビッドが帰宅すると、抗ウィルス剤を打った後も

ボブの感受性は強まっていた…。

翌日、ノーバックに出社するとデビッドの部屋に

マイヤーブリッジがやってきていた。

マグネトバクテリア汚染について聞きに来たという。

オーフランダー・ドックハイマー社に行ったことも知っていた。

100万台のコンピューターのバッテリーに爆発の可能性が

あるとリコールされ、他にもコンピューター75万台もリコール

されていると説明、デビッドが知っていることを教えて欲しい

と言う。

デビッドは、この細菌のゲノム上にある二つのスマイルマーク

の間にDNAシーケンスを見つけたと言って説明を

はじめると、何かひらめいたらしく、リコールされている

バッテリーやMP3プレーヤーを送るよう言い、部屋を

飛び出す。

デビッドは、レイチェルとカルロスを呼び

スマイルマークの間にあったアミノ酸の略語を黒板に書き

2人に読めと言う。

「Hi!デビッド、僕を殺して、メタンガスで」という文章に

なっていた。

誰かがデビッドの駆除方法を知らせていたようだ。

早速、メタンガスでの分析を開始、すぐに効果が出た。

すると、ウェスのもとにタイタス・マイヤーブリッジが亡くなった

という連絡が入る。飛行機事故だった。

しかし、計器の故障というが、コントロールパネルの計器が

ショートしたのでは?とデビッドは考えた。

マイヤーブリッジは、何者かに殺されたのでは?

Turnbull博士からデビッドに連絡が入る。

目の奥の細胞ではウィルスは複製しておらず、

他のダメージもないという。

しかし、ボブのヤコブソン器官は活発になってきた。

そこでデビッドは、ウィルスによる休眠遺伝子の

活性化ではないかと話す。

ボブは、遺伝的に進化してしまったのではないか?

博士は、脳の検査が必要だというが、デビッドが

タイタス・マイヤーブリッジが亡くなってしまい

研究資金援助がなくなるのでは?と心配すると

オーフランダー・ドックハイマー社の創始者

オリビエ・ロスが援助を続けるくれるという。

デビッドの電話を切った後、Turnbull博士は

何者かにボブの件で報告する。

ボブが1人でデビッドの家でくつろいでいると、

何者かがやってきた。

危険を察知し、逃げ惑うボブ。

自分と一緒に来て欲しいという男性。

ボブは、その男性に従うことに。

デビッドとメイコは、ボブがいなくなったことに

気づき、ウェスが警察や移民局に連絡をする。

デビッドは、Turnbull博士の資金援助をしている

オーフランダー・ドックハイマー社が黒幕だと

考えるが、ウェスがオーフランダー・ドックハイマー社は

破産手続きに入っているという。

デビッドが、創始者のオリビエ・ロスが資金援助を

続けてくれるはずだと言うと、メイコが

ロビー・マケインの奥さんの旧姓がロスだったと言う。

慌ててメイコが詳しいことを調べることに。

マイケルの調査で、マイヤーブリッジの乗った

飛行機は、マグネトバクテリアだらけだったとわかる。

その上、スマイルマークがどこにも見当たらず

メタンガスでも死なないという。

メイコの調べで、レスリー・ロスの父親は

オリビエ・ロスだった。5ヶ月前に失踪している。

カール・リドルマイヤーからレイチェルに電話が入る。

大統領に呼ばれたようだという。

デビッドとレイチェル、ウェスで彼と会うことに。

ボブのことは知らないという。

タイタス・マイヤーブリッジには貴重な金属に投資

しないかと誘われたという。国務省の記録を改ざんした

ことも認めたが、マグネトバクテリアについては

関係ないと言う。

実は、タイタス・マイヤーブリッジと同じ飛行機に

ドルマイヤーも乗るはずだったという。

自分も殺されるところだったと話す。

オリビエ・ロスの居場所も知らないという。

無駄足だったと去るデビッド達。

ボブは、オリビエ・ロスの家に。

自分の娘は、科学者のレスリー・マッケインだと話す。

問題の根源は、人間そのものにあると気づいたと言い

我々は人類を変え、進化させることが出来るという。

ボブの脳の肝細胞で…。

Turnbull博士は行方不明になったとウェスから

デビッドに連絡が入る。

オーフランダー・ドックハイマー社は、

封鎖されていて中には入れなくなっていた。

ボブからデビッドに電話が入る。

自分は無事で、世界が変わり始めると言い、

ヤコブソン器官から肝細胞を取って、新しい人類の

ために使うと言い、オリビエ・ロスに電話を変わる。

ボブは、脳手術を受けることに。

~~~

ボブー!!!何故オリビエ・ロスの言いなりに!

それはヤコブソン器官の進化が原因なのかな。

ボブはどうなってしまうのでしょうか?

さよなら、デビッドということは、死を覚悟しているということ?

実際、人間のヤコブソン器官が進化した例というのは

あるのでしょうか?

テレパシーは、ヤコブソン器官が進化した人とか?!

そして、リドルマイヤーたちは誰に殺されようとしたのでしょうか?

オリビエ・ロスなのでしょうね。

娘を亡くし、危険な思想の持ち主になってしまった億万長者。

一番やっかいものだー。

もやもやもやーっという気持ちだけが残った。

どうなるシーズン4!