映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

HEROES S3 第52話 暴露  Exposed

HEROES/ヒーローズ シーズン3 DVD-BOX1HEROES/ヒーローズ シーズン3 DVD-BOX1
(2009/10/09)
エイドリアン・パスダーグレッグ・グランバーグ

商品詳細を見る

番組オフィシャルサイトより

クレアは部屋にかくまっているアレックスを、母サンドラに見つけてられてしまい・・・。アイザックのロフトでは、マットが一心不乱に絵を描いていた。それを見守るピーター。そこへ「反逆者」からメッセージが届く。そこにはダフニの居場所が書かれていた・・・。一方、車で父親の元へ向かうサイラーと、連れのルーク。その途中、閉鎖されたダイナーを見つけ、急に車を停めるサイラー。打ち付けられた板をはがし店の中に入ると、サイラーは幼い頃を思い出す…。

クレアは、アレックスを自宅の部屋にかくまっていた。

ママのサンドラにはまだ内緒だったが、ママのへそくりがなくなったことをクレアに追求しているうちにアレックスの事がばれてしまい…。(-_-;)

(ママのへそくりは、アレックスの逃亡資金にしようとしていた)

嘘をついていたクレアに対して怒るママ・サンドラ。

しかし、さすがママ!アレックスの逃亡を手伝うことに。

なんとサンドラは、クレアの弟ライルが歴史でCマイナスの成績だったことを責め、ライルの運転免許証を没収し、アレックスのために偽のIDを作ってあげることに!

(サンドラは、若い頃ロックスターのコンサートを観にいきたいがために偽IDを作ったようだ。)

その後、アレックスをパパ・ノアが使っていた床下の食料貯蔵室に隠し、突然の家宅捜索にも耐え、夜にサンドラとライルが囮になり(映画館へ行くふりをする)、アレックスを逃がすことに成功!

サイラーとルークは、サイラーの父の家に向かっています。

突然、Big Jim's Franks & Friesというダイナーを見たサイラーが車を急停車。

この食堂に父親と一緒に来た記憶があったよう。

サイラーはこの食堂で、ミニカーが壁の隙間に入って取れなくなってしまったことがあり、壁をはがしてみるとそこに見覚えあるミニカーが!

少しずつ思い出してきたサイラーは、両親が車の中で口論し、その後母親の額を切って父が母を殺し、車で逃げたことを思い出し呆然とする。

ここでルークに家に帰るよう命令し、1人で父親のもとに向かうことに。

アイザックの屋根裏で、ひたすら絵を描くマットを止めようとするピーター。

マットはとにかくダフネ救出を一番に考えている。

そんな中、反逆者から敵が近づいていることを知らせるメッセージが!

メッセージを信じ、逃げる二人。

ピーターとマットは、ビル26に。

二人は、相手を洗脳?(説得?)する能力で、オペレーターを外に出し、能力者たちを拘束し飛行機に乗せる様子が映るビデオファイルを入手することに成功。

ダフネは、ビル26にはおらず、別の施設へ移ったことも判明する。

ノア・ベネットのアドバイスで、警報機を鳴らしマットが集中出来なくなったところに乗り込ませる。マットが盾となりピーターは脱出。マットはすぐに捕まってしまう。

その後、ピーターは、ビデオファイルをマスコミに渡すと脅し、マットとダフネを解放するよう交渉するが、ダンコは取引する気はなくピーターは撃たれ、ビルから落下!

そこはすかさず、ネイサンが空を飛び救出!母アンジェラのもとへ。

その後、ピーターが入手した映像がニュース番組で流れてしまう。

ダンコは、マットをテロリストに見せかけるために、身体に爆弾を巻いた状態でアメリカ合衆国議会議事堂前に置き去りに!

アレックスが去ってちょっと寂しいクレアに、ママ・サンドラはポップコーンを食べながら一緒に恋愛映画を観ようと誘います。

ポップコーンを取りにキッチンへ行ったクレアの背後に、あのエリック・ドイルが!

彼は、反逆者から"Claire will save you." というメッセージをもらい、ここへ来たと説明する…。

~続く…~

今回、ママ・サンドラが大活躍!

能力が無いからってバカにしないでよ!とアレックスの逃亡を手助けすることに。

ママったら偽造IDを作る名人!だったのです。

若い頃にDef Leppardを観たくて偽造IDを作ったのがきっかけだったよう。

ママが若い頃を思い出してはしゃぐのをたしなめるクレア、というシーンが面白かった!

"I cannot believe you know how to make a fake ID. Where did you learn that? Dad?"

ママが偽のID作りの名人だったなんて!そんなの誰に習ったの?パパ?

"No. Claire, believe it or not, I was a teenager once, and an enterprising one, not unlike you, young lady. There was this band once I just had to see. Def Leppard. Oh, my god. Rick Savage. Bass player. So cute. Oh, what I would have given to..."

違うわ。ママも十代の頃、あなたみたいに無茶なことばかりする子だったのよ。信じられないでしょうけど?デフ・レパードのライブを観にいきたくてね。ベースのリック・サヴェージが、とにかく最高にイカしてて!もう、どうにでもしてって感じ…

"Mom!" ママっ!(怒)

"Sorry." あ、失礼!(笑)

マットは、爆弾を身体に巻きつけられてましたが、まさか爆発しないよね!?

どうやってあれを取り除くのかな?

ネイサンが危険がない場所まで飛んで連れて行く?!

そして…久々登場、エリック・ドイル!怖いよぅ。

サイラーのフラッシュバックのBGMは、フリートウッドマックの「Chain」!

1970年代という設定プラス、この歌詞をサイラーと父親にかけているようにも思えます。