映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ミディアム 霊能者アリソン・デュボア S5#18 『ライバルあらわる』 The Talented Ms. Boddicker



オフィシャルブログより
アリソンはルース・ボディカーという銀行員の女性が2人組の銀行強盗が来るのを予知し、支店長のヒッチェンスに告げる夢を見る。目覚めた彼女は実際に事件があったことを知り、かけつけた銀行でルースを見つける。そこでアリソンは夢を見たと伝えるが、彼女は「何も知らない」と答える。このためアリソンはルースが能力のことを隠したがっていると感じ、彼女に携帯電話の番号を教える。




今回は、なかなか凝ったお話で面白かったです。
ルース・ボディカーさんが結果良い人で良かった。
実は、彼女にちょっと似た友達がいて
(その人は恋愛に臆病な人ではないけれど)
絶対悪い人じゃないように…と祈っていました。

強盗犯逮捕も粋な感じにまとめられていて、大満足。

最後には、ウィリー・ガーソン演じるヒッチェンス支店長が
ルースをデートに誘うというシーンも。(*^_^*)
素敵なカップルになりそうな予感!


スキャロンとリンも素敵なパパ・ママになりそうで良かったです!
スキャロンは、暴力をふるう父親に育てられたので
自分がちゃんとした父親になれるかどうか不安に思っていましたが
父親と対面し、不安は解消されたようです。
リンもこれで安心して出産出来ますよね。
女性なので、ただでさえ体も心も大変な妊婦さんに
いらぬ心配をかけるな!冷たくしないで!と
スキャロンのこと、嫌いになりかけました。


アリソンの夫ジョーは、火曜日から木曜日までの3日間だけ
単身赴任生活をすることに。
いない間に色々あったけれど、何とか続けてはいけそうかな。
長女アリエルは、自分がしっかりしないと!と、妹たちに
指示しますが、それが気にいらない妹たちに反発されて
かわいそう。


とうとう、次のエピソードでシーズンフィナーレ。
デュボア一家に会えなくなるのが寂しいです。


原題は、The Talented Ms. Boddicker。
映画「リプリー」(「太陽がいっぱい」)の原作
The Talented Mr. Ripley”をもじっているのかな?