映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

Criminal Minds S7 #18 『翼』 Foundation

WOWOWより

アリゾナ州クロフォードで監禁場所から脱走してきたらしき少年が発見され、直後にフラッグスタッフで13歳の少年ビリーが行方不明になる。2つの場所は距離があったが、アリゾナ州での誘拐事件は珍しいことから、BAUはこの2件の事件に関連性を見出す。また、ニュースを見たサマンサという女性が「30年前に鎖につながれた少年を見た」と警察に届け出るが、署内の陳列棚で父親JBの写真を見て足早に立ち去り……。

以下ネタバレあり


ネタバレ注意

アリゾナ少年監禁事件

犯人:J.B. Allen

土地開発会社オーナー

妻:ガンで死亡

娘:Samantha Allen(サム)

30年前

サムは、真夜中、鎖につながれた少年が、父親の車で何処かに連れ去られるのを目撃。

母が亡くなり、父親しかいないサムは、父を失うのが怖くて記憶を封印してしまう。

ターゲット選び

土地開発中の地域で、シャベルカーの試乗で地元少年を集める。


2004年

エンジェル・スアレス誘拐事件

犯人は、子供が多く住む住宅街で、子犬をプレゼントし、子供の気を引くことに成功。

小学2年生(8歳)だったエンジェルを誘拐。

母Lupe Suarez(不法労働者)⇒警察に届けられず

近所の人に協力してもらいながら、探し続けたが、手掛かり無く諦めていた。

誘拐成功の記念として、犯人は娘サムに子犬をプレゼント。

エンジェル逃走 ⇒ 事件発覚


ビリー・ヘンダーソン誘拐事件

13歳の少年

父:Richard Henderson

母:Meredith Henderson

友達の家から自転車で帰宅途中、誘拐される。(エンジェルが逃走したため)


サマンサの証言

事件のニュースを見て、子供のころの記憶がよみがえったサム。

警察に30年前に見た記憶について証言をしに行く。

警察で父の写真を発見 ⇒ 証言を撤回

父親が恐ろしい誘拐犯だとは思えないまま、プレンティスに協力していくが

プレンティスに、父親のことを言い当てられ、驚くサム。

機嫌の良し悪しに波がある。

突然プレゼントをしてくれる。⇒誘拐の戦利品(グローブや子犬等)

ショベルカー試乗が少年たちに人気⇒ターゲットを物色

初心を取り戻すためと最初に手がけた分譲地に良く出向く⇒監禁場所、被害者を隠す場所

父親J.B.アレンを逮捕。⇒ビリー・ヘンダーソンを救出


今回はやはり、モーガンがエンジェルに自分の過去について語ったシーンが心に残りました。

S2 #12「疑惑のプロファイラー」(Profiler, Profiled)

モーガンの地元、青少年センターの責任者でスポーツを指導していたカール・ビューフォードが

裏で少年たちに性的虐待を繰り返し、モーガンも被害者であったことが判明するエピソード。

エンジェルもビリーも、恐ろしい記憶を消して、普通に暮らせるようになってほしい。

事件が解決し、被害者が救出されるたびに、いつも被害者の今後を心配してしまう。

モーガンのように、強く乗り越えていってもらえたらと(ドラマだけれど)願っています。