映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 ODD THOMAS

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]

Yahoo!映画より抜粋

オッド・トーマスはダイナーに勤務する20歳のコックである一方、実は霊能力の持ち主。女の子の霊に導かれて殺人犯を捜し出すなど、死者が見えると放ってはおけない。そんなある日、ダイナーでボダッハという気持ち悪い悪霊を大量に見つける。ボダッハは流血の惨劇が近づいていることをときに現れる悪霊。オッドは町の危機を救うことができるのか……。

以下ねたばれあり



オッド・トーマスの霊感 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-7)オッド・トーマスの霊感 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-7)
(2009/03/31)
ディーン・クーンツ

商品詳細を見る

オッド・トーマスの受難 (ハヤカワ文庫 NV )オッド・トーマスの受難 (ハヤカワ文庫 NV )
(2009/10/30)
ディーン・クーンツ

商品詳細を見る

オッド・トーマスの救済 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-10) (ハヤカワ文庫NV)オッド・トーマスの救済 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-10) (ハヤカワ文庫NV)
(2010/04/30)
ディーン・クーンツ

商品詳細を見る

原作は、ディーク・クーンツのオッド・トーマスの霊感。

原作はシリーズ化しているため、映画での続編も期待したいところですが

映画化した際、訴訟問題があり、アメリカ未公開になったといういきさつがあり

あまり期待できないかなと思っています。


霊感青年が、皆の命を救う…。

ありがちな設定ですが、コミカルなつくりになっているため、あまり怖い思いも

グロテスクな描写もあまりないため、私でも安心して観ることが出来ました。

TSUTAYAでDVD紹介ページが、わかりやすいのでお勧めです!

※ラストに関わる映像。ご注意!

ラストは、あの映画のような結末。

わかってはいたけれど、悲しいどんでん返しはショックでした。

ラストは、砂漠を歩いてラスベガスへ。

彼女が言っていたあの街へ。

ラスベガスでは、さらに色々なものが見えそうで、恐ろしいです!


個人的には、オッド・トーマス役のアントン・イェルチンが、同級生にそっくりだったのがツボ。

芸術センスが秀でた、少々変わった人だったので、もしや彼にも霊感があったのでは?と

思いながら、見比べていました。

猫背気味のたたずまいや、癖っ毛ぐあいも似ていて、他の同級生にも

観てもらいたいなと思っています。

パックンとのインタビュー動画。でこの具合も可愛くて好きです。