映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

プロディガル・サン 殺人鬼の系譜 #1 シリアルキラーの息子 Prodigal Son Pilot

Prodigal Son: The Complete First Season [Blu-ray]

FBIプロファイラーのマルコムは、ある事件の現場で、マルコムの説得で銃を

下ろした殺人犯を撃った保安官を殴ったことが原因で、解雇されてしまう。

マルコムの父のマーティンは、マルコムが子供の頃に、23件の殺人容疑で逮捕

された、“外科医”と呼ばれたシリアルキラー

マーティンを逮捕したニューヨーク市警の警部補ギルは、FBIをクビになった

マルコムに犯罪捜査への協力を依頼するが、マルコムは父の模倣犯だと気付き

動揺する。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

FBIをクビになったマルコムに、ニューヨーク市警の警部補ギルが

NYPDのプロファイラーの職をすすめるシーン。

ギルは、マルコムの父のマーティンを逮捕した人物だが、実は

マルコムからの忠告がなければ、マーティンに殺されるところだった。

 

ギルに誘われ、NYPDのプロファイラーになり、初めての事件。

殺害現場をプロファイルしたマルコムは、この事件が父マーティンの

“四重奏(カルテット)”事件の模倣犯だと気付き、動揺する。

 

マルコムの家族

母:ジェシカ・ウィットリー

妹:エインズリー・ウィットリー (ジャーナリスト)

マルコムは、父の事件後、マルコム・ブライトと名乗っているが

母や妹は、名前を変えずに生活している。

ジェシカは元々上流階級の出身なのか、いつも上品な身なりで、

パーティーにも顔を出していた。

マルコムの家も高級そうなインテリアで、裕福そうな印象。

 

今回の犯人は、マーティンの元患者が、浮気した妻に復讐するために

計画した殺人事件だった。

犯人が心臓発作で苦しんでいる時に、妻が浮気していたことが判明し

最大級の苦しみを与えるために、マーティンのカルテット(事件)を

模倣することに。

 

犯人が、マーティンの描いたメモを参考にしていたことがわかったが

マーティンは、誰かが無断で持ち去ったと話していた。

マルコムが考えていたように、息子に会うために、模倣犯にアドバイスする

ふりをしながら、操っていたのだろうか?

それとも、マーティンを陥れるために、故意に彼のノートから盗んだ人物が

いるのだろうか?

 

マーティンは、子供の頃からマルコムに色々な知識を学ばせようとしていたが

息子も殺害犯にしようと考えているのか?それとも別の目的があったのか?

妻や娘には会ってはいなさそうだが、今後会うことはあるのか?

 

 

【ドラマ ロケーション】

 

 クレアモント精神科病院 Findlay Teller Apartments

ブロンクスにある特徴的な形をした賃貸住宅。