映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

黒い瞳 Oci ciornie (1987)

黒い瞳 [DVD]

銀行家のリッチな一人娘と結婚したロマーノ

貧しい出のロマーノを義理の母は見下し、彼が銀行業に関わることを許さず

ロマーノはただ優雅な日々を過ごしていた。

妻と大喧嘩したロマーノは仮病を使い、高級な湯治場へ逃げ込む。

そこで、美しいロシア人女性・アンナと出会い、恋に落ちる。

 

以下ネタバレあり

 

 

【映画ロケーション】

 

 モンテカティーニ TETTUCIO

 

 

かわいい女・犬を連れた奥さん(新潮文庫)

ロシアの作家チェーホフの「子犬を連れた貴婦人(犬を連れた奥さん)」等

3つの短編小説をベースに作られた作品と言われています。

 

 

(ストーリー)

アテネからイタリアへ向かう船の中。

ロシア人の紳士パヴェルは、船内の準備中のレストランで働くイタリア人男性と

ロマーノと親しくなる。

ロマーノは、新婚旅行中だというパヴェルに苦い恋の思い出を語り始める。

大学で建築学を学んでいたロマーノは、大銀行家の一人娘エリザと結婚する。

エリザの母は、貧乏な家の出のロマーノを見下し、彼が銀行業に関わることを

禁じ、彼は逆玉の輿の男として、優雅な日々を過ごしていた。

結婚して25年がたった頃、妻エリザと喧嘩したロマーノは、仮病をつかい

湯治場で過ごすことにする。

そこで、白い小犬を連れたロシア女姓アンナと出会い、恋に落ちる。

アンナも既婚者だったが、夫を愛したことは無いとロマーノに告げる。

一夜を共にした翌日、アンナはロマーノにラブレターを残し、ロシアへ帰ってしまう。

ロマーノは、アンナを追いロシアへ。

なんとかアンナと再会し、2人でやり直そうと約束。

身辺整理のためにイタリアに戻ると、なんと妻に破産を告げられてしまう。

家具も運び出され、涙する妻の姿を見て、彼女と別れることが出来なくなって

しまったロマーノ

話を聞き終えたパヴェルに、薄情だと責められてしまう。

年老いたロマーノは、船のウエイターをして生計を立てていた。

船の甲板に、パヴェルの新妻が。

それは、ロマーノがかつて愛した美しいアンナだった。

~おわり~

 

 

 

過去に観た思い入れのある作品。

レビューを作っていなかったので、急遽記事を作りました。

映画を観た後、すぐにチェーホフの本を購入して

映画の余韻を楽しんだのが懐かしい。

 

今でも覚えているのは、湯治場の薬草温泉(植物や薬等で黒くなっている温泉)に

アンナの白い帽子が、強風で飛ばされて温泉の真ん中にふんわりと落ちて

しまう場面。

ロマーノは、全身白のスーツを着ているのに、ためらいなく服のまま温泉に

入り、アンナの帽子を取り、2人は腕を組みながら何事も無かったように

その場を去っていくというシーン。

女性であれば、ぐっときてしまうと思います。

 

衣装や映像の美しさ。

たまにはクラシカルな良い作品で、目の保養をしよう。