映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ソリタリー カプセル471号 Solitary (2020)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Solitary Movie(@solitarymovie)がシェアした投稿

WOWOW公式サイトよりあらすじ抜粋

見知らぬ場所で目覚めたアイザック。狭い部屋にはもうひとり、アラナという女性がいた。記憶が曖昧なアイザックがコンピューターを起動すると、AIが状況を説明し始める。ここは宇宙船の脱出カプセル471号。2人はスペースコロニー建設のため、重犯罪者を労働者として送り込む計画によって宇宙に運ばれたが、なんらかの事故で母船と離れたのだという。やがて地上の管制と連絡が付き、2人は地球帰還を目指すのだが……。

 

ネタバレ注意

 

 

 

 

【ロケ地】ウォータールー橋

冒頭、主人公アイザックが階段を降りるシーン。

ロンドンのウォータールー橋のたもと 道の向かいにCURCUS 1903の看板が映る。

 

【ロケ地】West Silvertown

アイザックが降りた駅:West Silvertown駅

駅前で、何故か自ら声を出し、追われることになるシーン。

 

【ロケ地】コンテナヤード

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Solitary Movie(@solitarymovie)がシェアした投稿

アイザックが逃げ込むコンテナヤード

West Silvertown駅近く。空撮のシーンで、テムズバリアが映る。

 

 

※以下ネタバレ注意

 

 

主人公:アイザック・ハヴロック

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Solitary Movie(@solitarymovie)がシェアした投稿

殺人を犯したアイザックは、スペースコロニー建設の労働者として宇宙船

ポッドに乗せられる。

母船に到着後、爆発があり、ポッドは母船から離れることに。

低酸素症等が原因で、目覚めた時には、一次的な記憶喪失になっていた。

 

同船者:アラナ・スキル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Solitary Movie(@solitarymovie)がシェアした投稿

アイザックが目覚めた時、同じポッドに乗船していたのは、アラナ・スキル

という女性。アイザックと同じく犯罪者⇒労働者として同乗していた。

彼女は、先に目覚めており、正常の状態。

彼女と力を合わせ、地球に生還しようとするが…。

 

 

宇宙船ポッド

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Solitary Movie(@solitarymovie)がシェアした投稿

宇宙船ポッドのシーンは、このような場所で撮影されていた。

冒頭のロンドンでのシーンやニュース映像以外は、ほとんどポッド内で二人きり

のシーンになっている。

宇宙だが無重力でないのは、体に磁石が埋め込まれているから…という無理な

設定で押し切っている。髪の毛が無重力で浮かばないところはご愛敬。

SFというより、密室スリラーとして楽しんで欲しい。

 

 

鑑賞ポイント

・母船の爆発原因は?

・二人のポッドは、何故爆発に巻き込まれなかったのか?

・アラナは、アイザックの味方?それとも?

・科学的にツッコまない。

 

 

正直、ツッコミどころが多く、海外の映画サイトでは酷評されているが

変わり種のスリラー作品として、気軽に鑑賞してほしい。