映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女 The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe (2005)

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(吹替版)


ドイツ軍の空爆に苦しむ第二次大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人の兄妹、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーは、空襲から逃れるために田舎に住むカーク教授に預けられる。

好奇心旺盛な末っ子のルーシーは、屋敷でかくれんぼをしている時に、空き部屋にある大きな古い衣装だんすを見つける。衣装だんすに入り、毛皮のコートの奥に進むと、いつの間にか雪に覆われた森の中に立っていた。

ルーシーは、半神半獣のフォーン、タムナスさんと出会う。そして、ここがナルニア国という魔法の国だと知る。偉大なる王アスランが作ったこの国は、冷酷な白い魔女によって100年もの間冬の世界に閉ざされていた。反逆者を石像に変える白い魔により、ナルニア国の住人たちは、この国にもし人間が侵入したら捕らえるよう命令されていた。ルーシーを裏切ることができないタムナスさんは、自分の身が危険になることを承知でルーシーを元の世界へ逃がしてくれる。

翌日、4人で再び衣装だんすに入り込み、タムナスさんを訪ねるが、彼は秘密警察によって白い魔女の城に連行されていた。タムナスさんの家の前にビーバーが現れ、ペベンシー兄妹がナルニア国を白い魔女から解き放つ救世主だと語った。そんな中、白い魔女にだまされたエドマンドが魔女の城で捕らえられてしまう…。

 

 

 

とても楽しく観ることが出来ました。

いかにも良い人のタムナスさんが、とっても可愛くて。

 

 

また、エドマンドがだまされてしまうターキッシュ・ディライトを是非

食べてみたい。

そしてタムナスさんのいわしの缶詰も。

ビーバー奥さんの料理も!

食べ物に目がくらむ私は、きっとエドマンドと同じ運命をたどることになって

しまうのだろう。

 

 

そして、またまた脇役でヒーローを助ける渋めキャラ大好きとしては、

オレイアス(ケンタウロス)に一目ぼれ。

二刀流で闘おうと走ってゆく彼のお姿は神々しい!

 

 

吹き替え版を観ましたが、アスランの声はリーアム・ニーソンが吹き替え

していたと知り、ぜひ字幕版も観てみようと思います。

そして、キツネさんがルパート・エベレットとは!

早くDVDでないかなと楽しみにしています。

 

 

撮影裏側 Bloopersなど