映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

CSI:科学捜査班 S8 第13話 「ベビー・コーデリアの棺」

CSI:科学捜査班 シーズン7 コンプリートDVD BOX-II

番組オフィシャルブログより

クラブでのショーを終えたコメディアンが、段ボール箱の中に入れられた幼い少女の死体を駐車場で発見する。死後12時間以内と見られ、体には排水管洗浄剤による火ぶくれの跡や打撲傷が。首にかけられた聖ユダのメダルには、犯人が少女を手厚く葬ろうとしたであろうことが見て取れる。また、死因は、後頭部に衝撃を受けたことによる環椎後頭関節の脱臼と判明。マスコミは、少女の身元がつかめないことから、発見場所が面していた通りの名前を取って「ベビー・コーデリア」という仮称で少女の事件を報道する。

子供が亡くなる事件はイヤ!

でも事故死とわかり、少しホッとしました。

義理の父親に殺されたとしたら、許せないところだけれども…。

でも、本当に愛しているのならば、あんな場所にダンボール箱に入れて置き去りになんかしない。

嬉しかったのは、ドラマ「クローザー」のフリオ・サンチェス役のレイモンド・クルツが、亡くなった女の子の実父として登場していたこと。

メーガン法が出来てから、性犯罪者の氏名・住所・犯罪歴などを地域住民に公開され、魔女狩りのようなことが起きることは少なからずあるとは思うが、性犯罪者の再犯率を考えるとしょうがないとも思ってしまう。

今回疑われてしまったリオの場合は、可哀想な経緯はあるけれど、結局は偽名を使い自分の過去の罪を伝えずに結婚しようとしていたことが問題で、キャサリンへは単なる逆恨み!

日本でも…と思うことがあるが、このインターネット社会で公開されたら、やっぱり大変なことになりそうな気がする。

最初に登場していたコメディアンは、Greg Fitzsimmons本人です!

アメリカのスタンダップ・コメディアンです。

ちなみに、お馴染みPaula Francis(テレビキャスター)も本人役で登場!